北陸電力

サイト内検索

エネルギー・環境 > エネルギー・ミックス > エネルギー・ミックス > 日本のエネルギー事情


エネルギー・ミックス

エネルギー・ミックス  1 2 3 4 5 6 7 8 9


2.日本のエネルギー事情

運輸・業務・家庭部門のエネルギー消費が大幅に増加

 日本のエネルギー消費は、全体の約4割を産業部門が占めています。しかし、産業部門ではオイルショックを契機に省エネルギー化が進められたことから、以降、エネルギー消費は横ばいとなっています。
 一方、運輸・業務・家庭部門では、ライフスタイルの変化や世帯数の増加等の影響により、1973年のオイルショック時と比べるとエネルギー消費が大幅に増えています。


<最終エネルギー消費と実質GDPの推移>


最終エネルギー消費の推移

 出典:資源エネルギー庁「総合エネルギー統計」、内閣府「国民経済計算」、日本エネルギー経済研究所「エネルギー・経済統計要覧」を基に作成

 注)「総合エネルギー統計」は1990年度以降の数値については算出方法が変更されている
     構成比は端数処理(四捨五入)の関係で合計が100%とならないことがある



電力消費量は45年間で約6倍に増加

 日本は、総エネルギー消費量に占める電力消費量の割合(電力化率)や1人あたりの電力消費量が、主要先進国の中でも高い水準にあります。ライフスタイルの変化や様々な電化製品の普及などにより、暮らしに欠かすことのできない電気の消費量は年々増えており、2013年度の10電力会社の販売電力量の合計は8,485億kWhに達しました。この消費量を1965年当時と比較すると約6倍、電灯需要(家庭用など)では約10倍になっています。


<販売電力量の推移[10電力計]>


販売電力量の推移[10電力計]

 出典:電気事業便覧をもとに作成


<主要国の1人あたりの年間電力消費量>


1人あたりの年間電力消費量

 出典:1990年…IEA「ENERGY BALANCES OF OECD COUNTRIES」「ENERGY BALANCES OF NON-OECD COUNTRIES」
     2012年…IEA「KEY WORLD ENERGY STATISTICS  2014」 から



限りのある世界のエネルギー資源。日本の国内自給率は5%

 世界のエネルギー資源の可採年数は、石炭が最も多く113年。ウランは99年、天然ガスは55年、そして、石油は53年分しかありません。エネルギー資源には限りがあります。そのため、今残されているエネルギー資源を大切に使っていくことが必要です。
 日本のエネルギー自給率は5%、残りの95%を海外からの輸入に頼っています。今後、世界のエネルギー資源獲得競争がますます激しくなっていくと予想される中、エネルギー資源を安定的に確保していくこと、そして、特定のエネルギー資源に過度に依存しないエネルギー構成にしていくことがこれまで以上に重要になってきます。


<世界のエネルギー資源確認可採埋蔵量と埋蔵国>


世界のエネルギー資源確認可採埋蔵量と埋蔵国

 出典:BP統計2014 OECD、IAEA「Uranium2014」


<主要国のエネルギー自給率(2012年)>


主要国のエネルギー輸入依存度

 出典:IEA「ENERGY BALANCES OF OECD COUNTRIES(2014 EDITION)」、「ENERGY BARANCES OF NON-OECD COUNTRIES (2014 EDITION)」



<参考>注目が集まるシェールガス、シェールオイル

 シェールガスやシェールオイルは、従来のガス田や油田ではなく、地下数百〜数千メートルの頁岩層(シェール層)という固い岩盤の隙間にある天然ガスや石油です。これらは従来は採掘が困難でしたが、近年技術開発が進み、アメリカ等で採掘されています。





次ページ

ページの先頭へ


よくあるご質問

Copyright(C) Hokuriku Electric Power Company. All Rights Reserved.