北陸電力

サイト内検索

エネルギー・環境 > エネルギー・ミックス > エネルギー・ミックス > 日本の電源構成


エネルギー・ミックス

エネルギー・ミックス  1 2 3 4 5 6 7 8 9


PART2:エネルギー・ミックス 〜日本の電源構成と課題〜

 日本が目指しているのは、資源を安定して効率的に確保することと、世界の資源の価格高騰に影響されにくい「脱石油・電源多様化」という発電構成です。



4.日本の電源構成

水力から火力へ、そして脱石油・電源多様化へ

 電気を作るには、火力、原子力、そして水力や太陽光、風力などの再生可能エネルギーを利用した発電方法があり、それぞれに経済性や電力需要変動への対応のしやすさなど様々な特性があります。「エネルギー・ミックス」とは、特定の発電方法に偏らず、それぞれの特性を活かしてバランス良く組み合わせ、安定して電気を作ることを言います。
 日本は電力需要の増加に伴い、1950年代から60年代にかけて、水力、火力発電を開発してきました。1970年代には石油火力が主要な発電方式となりましたが、オイルショックをきっかけに、原油価格高騰の影響を受けにくい体質に転換すべく、「脱石油・電源多様化(LNG火力・原子力・石炭火力・新エネルギー)」が進められました。そして1990年代以降はCO2の排出抑制が、そして現在は安定供給・経済性・環境保全を同時に達成することが重要な課題となっています。電気事業者は、こうした経済や社会情勢の変化に対応して発電設備を形成してきました。
 しかし、現在は原子力発電の停止に伴い、その電力を火力発電で代替しているため、全国の発電電力量の電源別構成比は、2010年には約6割であった火力発電の割合が2012年度には約9割に増加しています。


<発電設備形成の推移>


発電設備形成の推移

 出典:資源エネルギー庁「エネルギー白書2013」


<発電電力量構成比の推移(10電力計)>


発電電力量の推移

 出典:資源エネルギー庁「エネルギー白書2013」等



<参考>主要国の電源構成

主要国の発電電力量と発電電力量に占める各電源の割合(2012年)

 主要国の発電電力量の電源構成を見ると、各国ともその国のエネルギー資源の特性を反映してさまざまな構成となっています。石炭火力発電は石炭資源の豊富な中国、ドイツ等で、ガス火力は天然ガス資源の豊富なイギリス、アメリカ等で大きな比率を占めています。


主要国の発電電力量の電源構成(2010年)

出典:IEA「ENERGY OF OECD CAUNTRIES2014」、「ENERGY BALANCES OF NON-OECD COUNTRIES2014」を基に作成



ヨーロッパの電力網

 ヨーロッパ諸国について注目してみると、フランスでは原子力が大きな比率を占めている一方、イタリアでは原子力を利用していないなど、国ごとに特徴が見られます。ヨーロッパ全体は電力・ガス管網でつながっているため、ある国で電力が不足した場合でも、他の国から電力を融通することが可能であり、ヨーロッパ全体でエネルギー・ミックスが行われていると言えます。


ヨーロッパの電力網

出典:IEA、Electricity Information 2010 Indicative value for Net Transfer Capacities(NTC)in Continental Europe


北陸電力の発電電力量構成比 〜水力発電の比率は全国でトップ〜

 当社の2010年度の発電電力量構成比は、石炭火力44%、原子力28%、水力24%、石油火力3%、新エネルギー等(太陽光、風力)1%となっていましたが、2013年度は原子力発電の長期停止に伴い、火力発電の比率が72%と高まっています。
 しかし、北陸地域の豊かな水資源を活かした水力発電比率は27%であり、全国でもトップです。加えて、燃料調達コストが比較的安定している石炭火力の比率も高いことから、電気料金は全国一低廉な料金水準となっています。


<北陸電力の発電電力量構成比(他社受電分を含む)>


北陸電力の発電電力量構成比(2010年度)


<北陸電力の発電設備の推移(箇所数・認可出力)>


北陸電力の発電設備形成の推移



需要の変化に対応した電源の組み合わせ(1日の電気の使われ方と作り方)

 下の図は、1日の電気の使われ方と発電方法を表したものです。電気の消費量は時間帯や季節によって違います。電気は貯めておくことができないため、電力会社は刻々と変化する消費量を予測し、消費量と一致するように、24時間、365日休まず発電を続けています。それぞれの発電方法には、経済性や電力需要の変化への対応のしやすさなど様々な特性があるため、それぞれの特性を活かし、バランス良く組み合わせて対応しています。


<1日の電気の使われ方と電源の組み合わせ(例)>


需要の変化に対応した電源の組み合わせ

  出典:エネルギー基本計画


■参考:各エネルギー源の位置付け

再生可能エネルギー
(太陽光、風力、地熱、水力、
 バイオマス、バイオ燃料)
・温室効果ガス排出の少ない有望かつ多様で、重要な低炭素の国産エネルギー源。
・3年間、導入を最大限加速。その後も積極的に推進。
原子力・低炭素の準国産エネルギー源として、優れた安定供給性と効率性を有しており、
 運転コストが低廉で変動も少なく、運転時には温室効果ガスの排出もないことから、
 安全性の確保を大前提に、エネルギー需要構造の安定性に寄与する重要なベース
 ロード電源。
・原発依存度については、省エネ・再エネの導入や火力発電所の効率化などにより、
 可能な限り低減させる。その方針の下で、我が国の今後のエネルギー制約を踏まえ、
 安定供給、コスト低減、技術・人材維持の観点から、確保していく規模を見極める。
石炭・安定性・経済性に優れた重要なベースロード電源として再評価されており、環境負荷を
 低減しつつ活用していくエネルギー源。
天然ガス・ミドル電源の中心的役割を担う、今後役割を拡大する重要なエネルギー源。
石油・運輸・民生部門を支える資源・原料として重要な役割を果たす一方、ピーク電源としても
 一定の機能を担う、今後とも活用していく重要なエネルギー源。
LPガス・ミドル電源として活用可能であり、平時のみならず緊急時にも貢献できる分散型の
 クリーンなガス体のエネルギー源。

 出典:日本のエネルギー2014より作成





次ページ

ページの先頭へ


よくあるご質問

Copyright(C) Hokuriku Electric Power Company. All Rights Reserved.