今日から実行!電気のかんたん節約法

ご家庭で1年間に使用する電気製品の使用量比(平成13年度推定実績)

出典:資源エネルギー庁「平成12年度電力需給の概要」

ご家庭の電気製品で使用量が多いのは、エアコン・冷蔵庫・照明・テレビの4つ。
これだけで消費電力の半分以上をしめています。
つまりこれらの電気製品をじょうずに使いこなすことが、電気料金の節約につながるのです。



電気製品消費電力
1.エアコン24.5%
2.冷蔵庫16.5%
3.照明15.8%
4.テレビ9.6%
5.電気カーペット4.0%
6.電気洗浄便座3.5%
7.その他26.2%

家庭の4大電気製品かんたん省エネ術

エアコン

  • 冷房時は1℃高め、暖房時は2℃低めに設定するだけで約10%の省エネ!
  • フィルターが目詰まりしたまま使用すると約10%の効率ダウン!お掃除は2週間に1度が目安。
  • 夏場の西日対策には、すだれやツル性植物が効果的。 カーテンを使えば冷房効果が約20〜30%もアップします。また室外機に日よけをつけると冷房効果がさらにアップします。

冷蔵庫

  • 開け閉めは最小限に!開けた状態が10〜20秒にのびると約30%も余分な電力を消費。
  • 周りにゆとりをもたせて放熱効果をアップ!周辺温度が15℃から30℃に上がると約80%も余分な電力を消費。
  • 期限切れの食品が入っていませんか?温かいものは冷ましてから入れましょう。

照明器具

  • 電球と蛍光灯を上手に使い分け。蛍光灯は白熱電球に比べ、同じ消費電力で4〜5倍の明るさ。白熱電球は調光が簡単です。
  • 1年間掃除をしないと明るさが20%もダウン!時々、サッとふき掃除をしましょう。雑巾を使うときは電球や蛍光灯をはずしてから、取り付けるときは危険防止のため、よく乾かしてからにしましょう。
  • 黒ずんできたら取り換え時期です。60Wの白熱電球は1年弱、65Wの蛍光灯は約3年が取り替え目安です。

テレビ

  • 1日10時間、主電源を切れば年間4〜11kWhの省エネに。
  • 音量を控えるよりも、画面を少し暗くすると省エネ効果が高まります。

ページの先頭へ