運転データ

放射性廃棄物(気体・液体)管理状況

 気体及び液体廃棄物は、専用の処理装置でできるだけ放射性物質を取り除き、十分安全なレベル以下であることを確認してから、大気や海に放出します。
 なお、液体の処理装置で発生する濃縮廃液等はセメントガラス固化し、ドラム缶に密閉します。


志賀原子力発電所1号機および2号機

2019年度実績

気体廃棄物液体廃棄物
放射性希ガス
(Bq)
放射性よう素
(Bq)
トリチウム以外
(Bq)
トリチウム
(Bq)
第1四半期N.D.N.D.N.D.N.D.
第2四半期N.D.N.D.N.D.N.D.
第3四半期N.D.N.D.N.D.N.D.
第4四半期N.D.N.D.N.D.N.D.

(注)  Bq(ベクレル)は放射能の強さを表す単位。
(注)  N.D.(Not Detectable)は検出限界濃度未満。


過去の実績

気体廃棄物液体廃棄物
放射性希ガス
(Bq)
放射性よう素
(Bq)
トリチウム以外
(Bq)
トリチウム
(Bq)
管理目標値(年間)管理基準値(年間)
2.3×10154.8×10107.4×10107.4×1012
年度(西暦)年間実績値
1992年度N.D.N.D.N.D.3.0×109
1993年度N.D.N.D.N.D.1.6×1010
1994年度N.D.N.D.N.D.5.7×1010
1995年度N.D.N.D.N.D.1.4×1011
1996年度N.D.N.D.N.D.1.7×1011
1997年度N.D.N.D.N.D.2.0×1011
1998年度N.D.N.D.N.D.3.3×109
1999年度N.D.N.D.N.D.1.6×1011
2000年度N.D.N.D.N.D.1.6×1011
2001年度N.D.N.D.N.D.1.8×1011
2002年度N.D.N.D.N.D.6.5×1010
2003年度N.D.N.D.N.D.2.2×1011
2004年度N.D.N.D.N.D.1.2×1011
2005年度N.D.N.D.N.D.1.8×1011
2006年度N.D.N.D.N.D.1.8×1011
2007年度N.D.N.D.N.D.2.5×1010
2008年度N.D.N.D.N.D.7.6×1010
2009年度N.D.N.D.N.D.3.9×1011
2010年度N.D.N.D.N.D.2.8×1011
2011年度N.D.N.D.N.D.2.1×1011
2012年度N.D.N.D.N.D.1.1×1010
2013年度N.D.N.D.N.D.1.1×1010
2014年度N.D.N.D.N.D.1.6×1010
2015年度N.D.N.D.N.D.N.D.
2016年度N.D.N.D.N.D.N.D.
2017年度N.D.N.D.N.D.N.D.
2018年度N.D.N.D.N.D.N.D.
2019年度N.D.N.D.N.D.N.D.

(注) Bq(ベクレル)は放射能の強さを表す単位。
(注) N.D.(Not Detectable)は検出限界濃度未満。