運転データ

線量実績

志賀原子力発電所1号機および2号機

2019年度実績

放射線業務
従事者数 (人)
総線量
(人・Sv)
平均線量
(mSv)
第1四半期1,0230.010.0
第2四半期1,0110.010.0
第3四半期1,0160.000.0
第4四半期9930.000.0

過去の実績

(注) Sv(シーベルト)は放射能が人体に及ぼす影響の程度を表す単位。
(注) 原子力発電所内で働く人が受ける放射線量の限度は法律で年間50mSvまでとされています。

年度(西暦)放射線業務
従事者数 (人)
総線量
(人・Sv)
平均線量
(mSv)
1992年度9510.030.0
1993年度1,5880.190.1
1994年度2,1600.200.1
1995年度2,0640.640.3
1996年度2,1061.030.5
1997年度2,2391.700.8
1998年度9120.060.1
1999年度2,1381.850.9
2000年度1,9050.970.5
2001年度2,0191.140.6
2002年度9650.180.2
2003年度2,3093.361.5
2004年度2,5001.250.5
2005年度2,7700.730.3
2006年度3,0410.930.3
2007年度2,7110.470.2
2008年度2,6272.370.9
2009年度2,7860.320.1
2010年度3,3061.660.5
2011年度3,7491.550.4
2012年度1,5750.120.1
2013年度1,9431.000.5
2014年度1,9860.050.0
2015年度2,3790.030.0
2016年度2,7230.080.0
2017年度2,0670.020.0
2018年度1,6890.030.0
2019年度1,4160.020.0

関連情報