北陸電力

サイト内検索

原子力情報 > 運転情報・リアルタイムデータ > 運転情報 > 環境放射線のモニタリング


運転情報・リアルタイムデータ

運転情報・リアルタイムデータ

環境放射線のモニタリング


志賀原子力発電所では

 志賀原子力発電所では、通常の運転で放出される放射性物質の量は問題とならないくらい非常に微量でありますが、そのことを周辺環境にて確認するため、環境放射線の監視を行っています。


志賀原子力発電所の環境モニタリング

モニタリングポスト

モニタリングポスト 発電所敷地境界付近に7ヶ所設置し、空気中の放射線量率を常時測定記録するとともに、中央制御室で集中監視を行っています。また、定期的に空気中の放射性物質の濃度を測定しています。


モニタリングポイント

モニタリングポイント 発電所周辺に12ヶ所、金沢市と羽咋市に各1ヶ所設置し、3ヶ月ごとの積算線量を測定しています。


環境試料の採取

 発電所敷地内外で、定期的に土壌、農産物、飲料水、魚介類などの試料を採取し、これらに含まれる放射性物質の濃度を測定しています。


モニタリングデータの公開

 志賀原子力発電所のモニタリングポストの線量計測値等は、以下のサイトでリアルタイムに提供しています。





自治体による環境モニタリング

 環境モニタリングは、北陸電力のほか石川県および富山県でも実施し、ホームページで公表しています。
 また、北陸電力および石川県の測定結果は、石川県環境放射線測定技術委員会で技術的に評価され、さらに石川県原子力環境安全管理協議会で確認・公表されています。
 この他、定点のモニタリングポストより、さらにきめ細かに各所の放射線量率を測定できる、モニタリングカーも活躍しています。


自治体による環境モニタリング

ページの先頭へ


よくあるご質問

Copyright(C) Hokuriku Electric Power Company. All Rights Reserved.