地域社会・自治体との連携


地域の課題解決に向けた自治体等との連携

社会環境が大きく変化する中、北陸電力グループは電気事業以外においても皆さまの暮らしのお役立ちに貢献し、地域と一緒に発展できる企業でありたいと考えています。
持続可能なスマート社会の実現を目指して、自治体等と連携を図りながら、地域の課題解決に積極的に対応していきます。


地域のエネルギー関連事業との連携
地域活性化事業との連携・各種サービスの提供



地域のエネルギー関連事業との連携

地域の脱炭素支援、エネルギーの地産地消や地域活性化に向けて、自治体等と連携し、地域のエネルギー事業に主体的に参画します。


とやま未来創生でんき

富山県と北陸電力が締結した「とやまの未来創生に関する包括連携協定」の施策として、富山県の人口や雇用の増加、地域の低炭素化等、とやまの未来創生に寄与することを目的とした電気料金メニューを提供しています。



氷見ふるさとエネルギー㈱の設立

2020年10月、当社および氷見市、氷見商工会議所、関係団体が出資し「氷見ふるさとエネルギー㈱」を設立しました。
再エネ設備の導入拡大等により市内で発電した電気を市内で消費する「エネルギー地産地消」の実現と、物品購入や電気工事の依頼を市内業者に行うことで「地域内経済循環への貢献」による地域活性化を目指します。
子育て世帯、移住者、首都圏在住の氷見出身者を対象に地域密着型のお得な電気料金メニューを取り扱っています。



㈱なんとエナジーの設立

南砺市における経済・社会・環境の3側面の調和がとれた持続可能なまちづくりに寄与することを目的に、南砺市と北陸電力および南砺市内事業者等が共同出資し、エネルギー事業や地域活性化事業を行う「株式会社なんとエナジー」を設立しました。



再生可能エネルギーの地産地消

脱炭素意識の高まりを受け、再生可能エネルギーの地産地消に繋がる取組みを提案・実現し、地域の脱炭素化に貢献していきます。
具体的には、自治体等と連携し、地域内で発電されたカーボンフリーの電気(卒FIT電力や再エネ余剰電力)を公共施設へ供給する取組みを実施しています。




地域活性化事業との連携・各種サービスの提供

北陸電力グループのノウハウや経営資源を最大限活用し、既存の電気事業の枠を超えて、地域の課題解決に積極的に対応していきます。


地域 ICT プラットフォーム『結ネット』

地域の暮らしに欠かせない自治会組織の運営デジタル化を目的とした「結ネット」アプリの導入支援・運営事業を提供しています。
アプリを通じた、北陸電力グループによるお役立ちコンテンツも順次提供してまいります。


結ネット


小松駅東地区複合ビル建設計画

2021年1月、小松市と「小松駅東地区複合ビル整備に関する基本協定」を締結しました。
本協定に基づき、小松駅前に、公立小松大学、小松市の文化ギャラリー、ホテル、商業施設や当社グループオフィス等を併設した複合ビルを建設します。
当ビルは当社グループで不動産事業を営む北電産業㈱の子会社である北電産業小松ビル合同会社が建設・運営します。


小松駅東地区複合ビル

植物工場事業

2021年3月、北陸電力は、福井県敦賀市において、完全人工光型植物工場を運営する新規関係会社「㈱フレデリッシュ」を設立しました。
植物工場では、天候等の外部環境に影響されることなく安定的に農産物の生産を行えるのが特徴です。また、当工場では、水力発電由来の再エネ電気100%を使用しており、「ゼロカーボン・レタス」として販売しております。


植物工場

防犯事業との連携・サービスの提供