北陸電力

サイト内検索

原子力情報 > 原子力発電・放射線の概要 > 原子力発電の概要 > 原子燃料・核分裂と制御


原子力発電・放射線の概要

もっと詳しく原子力


原子燃料・核分裂と制御

 原子力発電所の燃料には、ウランを使用しますが、このウランには核分裂しやすい「ウラン235」と、核分裂しにくい「ウラン238」があります。
 ウラン235は、天然ウランのなかには約0.7%しか含まれていません。残り約99.3%はウラン238です。


志賀原子力発電所では

 志賀原子力発電所では、ウラン235を約3〜5%に濃縮した低濃縮二酸化ウランを燃料として使用しています。



核分裂のしくみ

 ウラン235の原子核に中性子があたると、その原子核が分裂し、その時大きな熱エネルギーと、平均2〜3個の中性子が発生します。これを核分裂といいます。この時放出された中性子は、別のウラン235に当たって核分裂をおこします。このように次々と核分裂反応が持続されていく現象を「核分裂の連鎖反応」といいます。

核分裂のしくみ


核分裂と制御

 核分裂の連鎖反応は、抑制しないかぎり反応が続きます。
 安全な運転のため、また安定した出力を保つため、核分裂の連鎖反応を低減するのが原子炉内の制御棒です。


制御棒のはたらき

制御棒のはたらき


原子炉圧力容器内の構造


燃料棒、燃料集合体

制御棒、原子炉圧力容器

ページの先頭へ


よくあるご質問

Copyright(C) Hokuriku Electric Power Company. All Rights Reserved.