再エネ電気料金メニュー

環境価値を付与したメニューのご加入により、CO2排出量削減、再エネ電気活用、RE100への対応や電気の地産地消が可能です。



再エネ電気料金メニューとは

  • 再エネを活用した電気料金メニューは、当社が調達した再エネの電気や環境価値(非化石証書)を活用して、お客さまにCO2排出量ゼロの電気をご提供するメニューです。
  • 再エネを活用した電気料金メニューにご契約いただくことで、お客さまの電気のご使用に係るCO2排出量の削減が可能となります。



お客さまの脱炭素化ニーズの多様化・高度化

政府の「2050年カーボンニュートラル宣言」を受け、脱炭素社会実現に向けた世の中の動きが加速し、お客さまの脱炭素化ニーズが多様化・高度化しています。



CO2排出量を削減したい・再エネ電気を使いたい RE100はオフィス・工場・店舗など事業運営に必要な電気を100%再生可能エネルギーで調達することを目指す国際的な取組み。日本では62社の企業が参加(2021年12月時点)。また、国内の同様の取組みとして、企業・自治体等が参加する「再エネ100宣言 RE Action」がある。 “追加性”を持つ電気を使いたい:環境問題に先進的な企業の間で、「その再エネ電気の購入が新たな再エネ電源の普及拡大に寄与する」という“追加性”の考え方が重要視されています。 地産地消の再エネ電気を使いたい:工場や店舗などの事業拠点がある地域との関係性を重視する企業にとって、地域の脱炭素推進と地域経済の活性化の観点から、地域の豊かな自然資源を活用した、電気の“地産地消”ニーズが高まっています。




再エネ電気料金メニュー





※既存の「グリーン特約(アクアグリーン)」は、「かがやきGREEN」および「かがやきGREENピュア」にリニューアル。

※各メニューの料金単価は、お客さまと協議のうえ決定し、ご契約中のメニューの電気料金に加算いたします。





メニュー詳細

かがやきGreen

メニュー内容

  • 火力・再エネ等が混在した電気に、環境価値を付加することで、CO2排出量ゼロの「実質再エネ電気」をお届けします。


おすすめのお客さま

  • 環境対策としてCO2排出量の削減に興味があるお客さま


イメージ図

火力・再エネ等が混在した電気 ※ 非FIT、非化石証書(再エネ指定あり) → “実質的な”再エネ電気 → お客さま

※ 非FIT非化石証書(再エネ指定あり)またはFIT非化石証書を活用します






かがやきGreen ピュア

メニュー内容

  • 水力・太陽光・風力等の再エネ電源由来の電気に、環境価値を付加することで、CO2排出量ゼロの“純粋”な「再エネ電気」をお届けします。
  • 当社グループの強みである「水力発電」をはじめとした再エネ電源由来の電気です。


おすすめのお客さま

  • 環境対策として、CO2排出量の削減に興味があるお客さま
  • 再エネ100%の電気を使用したいお客さま


イメージ図

水力・太陽光・風力等の再エネ電気 ※ 非FIT、非化石証書(再エネ指定あり) → “純粋な”再エネ電気 → お客さま

※ 非FIT非化石証書(再エネ指定あり)またはFIT非化石証書を活用します






かがやきGreen RE100

メニュー内容

  • CO2排出量ゼロで、RE100の要件に適合した「再エネ電気」をお届けします。
  • トラッキング付非化石証書※1や一般財団法人日本品質保証機構の技術支援※2を活用し、発電所が特定(トラッキング)された環境価値を使用した再エネ電気をご提供します。

※1 環境価値の由来となった発電所情報等を国が非化石証書に付与する制度です
※2 運用ルール算定にあたって、「RE100」の推奨事項である「第三者機関による 検証」を参照し、同機構から技術的な支援を受けております。



おすすめのお客さま

  • RE100再エネ100宣言「RE Action」へ加盟中または加盟予定のお客さま
  • 世界的な基準を満たした電気を使用し、海外の取引先や顧客・投資家へPRしたいお客さま


イメージ図

※3 火力・再エネ等が混在した電気または再エネ電気 ※4 非FIT、非化石証書(再エネ指定ありトラッキング付) → RE100の要件に適合した電気 → お客さま

※3 お客さまのご要望に応じて、環境価値を付与する電気をお選びいただけます(火力・再エネ等が混在した電気または再エネ電気)
※4 非FIT非化石証書(再エネ指定あり)またはFIT非化石証書を活用します






創エネGreen

メニュー内容

  • 新規に開発された再エネ電源(太陽光・水力等)由来の電気に、環境価値を付加することで、CO2排出量ゼロで、追加性を持つ「再エネ電気」をお届けします。
  • 対象電源の基準は、自然エネルギー財団発行の「企業・自治体向け電力調達ガイドブック第5版(2022年度版)」等を参考に、お客さまと協議のうえ設定します。


おすすめのお客さま

  • 再エネ電源の普及拡大に貢献したいお客さま
  • “追加性”を持つ電気を使用し、環境問題に先進的な企業としてPRしたいお客さま


イメージ図

新規開発の再エネ電源 非FIT、非化石証書(再エネ限定あり) → 追加性を持つ“純粋な”再エネ電気 → お客さま

また、お客さまのご要望に応じて、トラッキング付非化石証書または一般財団法人日本品質保証機構の技術支援を活用して、RE100の要件に適合した電気とすることが可能です。



お客さま専用の再エネ発電設備を導入したいお客さま

上記電気料金メニューに加えて、追加性のある「再エネ電気」をご利用いただけるサービスとして、お客さまの専用の太陽光発電設備を初期費用無しで開発し、設備の運用・メンテナンスまで行なう「太陽光発電 オンサイトPPA/オフサイトPPA」もご提供いたします。







ふるさとGreen

メニュー内容

  • 特定地域の再エネ電源由来の電気に、環境価値を付加することで、CO2排出量ゼロで、地産地消の「再エネ電気」をお届けします。
  • 地域の豊かな自然資源を活用し、お客さまと共に、地域の脱炭素や地域活性化を推進します。
  • 電気料金メニューに加えて、自治体や地元企業と提携し、様々な地産地消サービスを拡充していきます。


おすすめのお客さま

  • 地元の再エネ電気を使い地域の活性化に貢献したいお客さま
  • 地元住民や企業に特色あるPRをしたいお客さま


イメージ図

特定のエリア内 再エネ電気 ※ 非FIT、非化石証書(再エネ指定あり) → 地産地消の“純粋な”再エネ電気 → お客さま

※ 非FIT非化石証書(再エネ指定あり)またはFIT非化石証書を活用します。
また、お客さまのご要望に応じて、トラッキング付非化石証書または一般財団法人日本品質保証機構の技術支援を活用して、RE100の要件に適合した電気とすることが可能です。




現在提供中の地産地消メニュー

富山県営水力発電所から産み出される電気を活用した、富山県の地産地消メニューである「とやま水の郷でんき」を提供中。


 CO2排出量ゼロで、RE100の要件にも適合しています

 お客さまへ、富山県内の水力電気供給についての富山県と当社で発行した証明書を交付します


富山県企業局の水力発電所 → 北陸電力(株) → 富山県内企業





自治体等と連携した地産地消サービス

地元の卒FIT太陽光等から発電された電気を活用し、地元の電気を地産地消。


 卒FIT電力を保有するお客さまを対象に、卒FIT電力を北陸電力が買い取り、自治体の公共施設へ再エネ電力の供給を実施。「ゼロカーボンシティ」を目指す自治体等の公共施設向けに地産地消の再エネ電気をお届けします



エネルギーを地元で地産地消 卒FIT家庭等 → 発電電力買取 → 北陸電力 →再エネ電力 → 公共施設






身近な再エネ電気を使いたいというお客さまに対応し、地元のFIT電源を活用して、地産地消の再エネ電気をお届けします。


 お客さまのご要望に応じ、RE100に適合した電気をお送りすることも可能です



地元で作った電気を地元で地産地消 地元の再エネ発電所 → 地元企業 地元の再エネ発電所 → 工場 地元の再エネ発電所 → 学校 地元の再エネ発電所 → 病院 地元の再エネ発電所 → 公共施設





加入契約証明書の発行およびロゴマークの活用について

メニュー名 供給する
電気
CO2排出量
ゼロ
(温対法のCO2排出量低減)
再エネ
(再エネ電気利用のPR可能)
RE100 追加性
(新たな再エネ投資の促進効果)
地産地消
かがやきGreen 火力・再エネが混在した電気
実質CO2
排出量ゼロ

実質再エネ
かがやきGreen ピュア 再エネ電気
かがやきGreen RE100 再エネ電気
または
火力・再エネが混在した電気
創エネGreen 新規開発等の再エネ電気
ご要望に応じ
ふるさとGreen 地元の再エネ電気
ご要望に応じ

ご要望に応じ
とやま水の郷でんき 富山県内の
水力電気




加入契約証明書の発行およびロゴマークの活用について

  • 当社が提供する再生可能エネルギーを活用した電気料金メニューにご加入いただいたお客さまには、ご希望に応じて「加入契約証明書」を発行することが可能です。
  • ご加入いただいたお客さまには、販促・PRの観点から、各メニューのロゴマークを店舗窓口や商品パッケージ、自社ホームページなどに掲載頂くことも可能です。

※ロゴマークの活用については、事前に当社への申請が必要です。