北陸電力

サイト内検索

原子力情報 > 志賀原子力発電所の安全対策 > 敷地内シームの追加調査について > 追加調査の最終報告


志賀原子力発電所の安全対策

志賀原子力発電所の安全対策

志賀原子力発電所敷地内シームに関する追加調査最終報告書の提出について

 当社は、原子力安全・保安院からの指示文書「敷地内破砕帯の追加調査計画の策定について(指示)」
(平成24年7月18日)に基づき、「敷地内破砕帯の追加調査計画」を策定し、調査を実施してまいりました。
 これまでの調査結果に基づき、最終報告書を取りまとめ、平成25年12月19日、原子力規制委員会に報告
 いたしました。

  当社は、今回の調査結果を含め志賀原子力発電所の安全性について、丁寧にご説明していくとともに、
今後の原子力規制委員会による審査に適切に対応してまいります。


最終報告書結論骨子


<敷地内シーム>

 @シームS−1は「将来活動する可能性のある断層等」ではない。

  ・ トレンチ調査など3箇所での上載地層法による調査の結果、約12〜13万年前以降の活動はない。
  ・ 岩盤調査坑で採取した試料の薄片観察によっても、大きな変位の繰り返しがあったとは考えがた
    いことを確認。

 AS−1以外の敷地内シームも「将来活動する可能性のある断層等」ではない。

  ・ 敷地内シームは、同様な性状、鉱物組成を示し、水平方向及び深部方向のいずれにおいても長く
       連続するものではない。 
   ・ シームS−4, 6は、トレンチ調査の結果、約12〜13万年前以降の活動はない。


<敷地内シームと周辺断層との関連性>

 B敷地内シームは、活動性及び連続性等からみて、周辺断層との関連性はない。

  ・ シームは周辺断層の活動性にかかわらず、「将来活動する可能性のある断層等」ではない。
  ・ シームは、周辺断層と水平方向及び深部方向に連続するものではない。
  ・ 福浦断層は、約12〜13万年前以降の活動が否定できず、耐震評価において考慮していく。
   兜岩沖断層は、「将来活動する可能性のある断層等」ではない。
  

プレスリリース

    プレスリリースはこちら

報告書

  敷地内破砕帯に関する追加調査 調査報告書(最終) (56.6MB)
 
  別添資料集 (73.8MB)
  

   敷地内破砕帯に関する追加調査 調査報告書(最終)および別添資料集に関する訂正等資料
 

ページの先頭へ


よくあるご質問

Copyright(C) Hokuriku Electric Power Company. All Rights Reserved.