北陸電力

サイト内検索

ビジネスサポート > エネルギーの利用に役立つ情報のご提供 > 省エネ情報ご提供 > バックナンバー(Vol.52)


エネルギーの利用に役立つ情報のご提供

eね!サポート 2014年8月版−Vol.52−

□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□
■□
□  北陸電力メールマガジン「eね!サポート」2014年8月版/Vol.52

        〜お客さまの省エネをお手伝いします〜
                                  □
□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■


こんにちは!北陸電力 営業推進部です。

今夏は天候が不安定な日が続き、夕暮れも早くなったせいか、薄暗い天気が続
いています。気持ちも暗くなりがちですが、一方で、人は薄暗い部屋にいると
想像力が豊かになるそうです。また、明るい場所にいながらでも、薄暗い状況
を想像するだけで効果があると言われており、何かに取り組みたくなるこれか
らの秋にもってこいかもしれませんね。

今回のメルマガでは、人の想像力をも左右する「明るさ」の自由度を広げるこ
とができる「LED」を使った照明の最新動向と、併せてセミナー・展示会情報
などをお届けします。




▼INDEX────────────────────────────┐
▽・省エネワンポイント … LEDの最新動向
▽・セミナー情報 …蒸気システムの省エネで目指す「トータル課題解決」(金沢)
▽・省エネお役立ち情報 …フードシステムソリューション(F-SYS2014)
▼─────────────────────────────────┘

※本メールは、配信を希望いただいた方にお送りしております
※新規登録・配信先変更・配信停止のお手続きは、文末をご覧ください





□■eね!サポート情報━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┏━┓
○●省エネワンポイント
┗━┛
───────────────────────────────────
〜LEDの最新動向〜
───────────────────────────────────

本メルマガでもたびたび取り上げてきた「LED」ですが、まずは何故「LED」な
のか?のおさらいの後に、Vol.34、Vol.35でとりあげた「LED」のその後と最
新の動向についてご紹介します。

 □メルマガバックナンバーはこちら
  http://www.rikuden.co.jp/cleaneco/A_mlmg_backnum.html


◇なぜLEDなのか?

エネルギー基本計画の中で、2020年までに新設設備・施設のLED照明の導入率
100%普及の方針が示されるなど、国をあげてLEDの普及による省エネを目指し
ています。従来から挙げられていたLED照明の課題においても、近年の技術開
発により改善され、様々な用途での普及が進んでいます。


◇導入コスト

まだまだLEDは高価だと思われている方も多いと思いますが、LED照明の普及に
伴い、価格は下がってきています。60W相当の電球で比較すると、2009年には
6,000円程度だったものが、最近では1/3以下の金額になりました。高額だった
照明器具も安価になってきており、普及促進を後押ししています。


◇ランプの発光効率

LED照明は省エネという話はよく耳にしますが、発光効率からも実際に省エネ
が進んでいることが分かります。ランプ自身の発光効率が160lm/Wを超えるも
のも出てきており、器具の効率や電源回路の影響を考慮しても蛍光灯の発光効
率100lm/Wを超えてきています。さらに、LED照明の効率は日々向上しており、2020
年には200lm/Wも夢ではありません。


◇演色性(※1)

白熱灯や蛍光灯と比較して劣っていた演色性ですが、様々な光色のLEDを組み
合わせることで波長域を調整し、一般の電球型蛍光灯(Ra84)の演色性を超え
るLED電球(Ra90)が発売されています。
これにより、野菜や肉などの生鮮食品を扱うスーパー、絵画や美術品など、
「見え方」を重視する美術館・博物館への採用も増加してきています。

(※1)太陽光を基準として、照明で光を当てた時にどれだけ太陽光に近い見え
   方かを評価する指標。Raに続く数値が高い程自然光に近い見え方になる


◇調色・調光

最近では、LEDならではの制御技術により、電球色から昼白色まで色温度を調
色できる商品が開発され、使用用途やシーンによって色温度の使い分けが可能
になっています。それに加え、色温度毎のラインナップも増えてきてきており
空港やホテルのラウンジなど「演出」が求められる施設への採用が増えてきて
います。

また周囲の明るさに合わせて調光できる商品なども開発されており、演色性・
色温度・明るさなど、使用用途に応じ、自由に選べるような多彩なラインナッ
プが出揃ってきています。


その他にLED電球の小型化により、従来では難しかったハロゲンランプの代替
として店舗などにLED電球が設置される事例も増えてきています。



最後に、北陸地域でのLEDの普及事例として照明学会より表彰を受けた施設を
ご紹介します。

【平成25年度照明普及賞 受賞施設】
 ・国立大学法人 福井大学 松岡キャンパス 医学部講義棟(福井県)
 ・社会医療法人財団 董仙会 恵寿会 恵寿総合病院(石川県)
 ・吉本レディースクリニック(富山県)
 ・若鶴大正蔵(富山県)
 ・比美乃江公園展望台(富山県)
 ・マルエー加茂店(石川県)

 □くわしくは、照明学会北陸支部ホームページへ
   https://www.ieij.or.jp/IP/awardH25.html


技術の進歩や、商品開発により、LED照明の用途は広がり続けており、様々な
場所にLED照明は使われています。一度、周りの照明に目を向けてみてはいか
がでしょうか。




┏━┓
○●セミナー情報
┗━┛
───────────────────────────────────
〜蒸気システムの省エネで目指す「トータル課題解決」〜◇要お申込・有料◇
───────────────────────────────────
エネルギー使用設備の運転・保守・点検等を担当されている皆さまを対象に、
熱利用設備の代表格である蒸気システムの省エネや、環境対策を推進するうえ
で必要不可欠な知識や着眼点を幅広くご説明します。

 開催日時:2014年9月4日(木) 10:00〜16:40(受付9:00〜)
 開催場所:石川県地場産業センター第2研修室(金沢市鞍月2-1)
 主  催:一般社団法人省エネルギーセンター 北陸支部
 締  切:2014年8月29日(金) ※締切間近

 □くわしくは、一般社団法人省エネルギーセンター ホームページへ
  http://www.eccj.or.jp/education/promo-seminar/pdf/hoku_140904.pdf




┏━┓
○●省エネお役立ち情報
┗━┛
───────────────────────────────────
〜フードシステムソリューション(F-SYS 2014)〜  ◇事前登録により無料◇
───────────────────────────────────
学校、医療・高齢者、給食サービス施設向けの「設備・機器」「食品・食材」
「サービス」が集結する、国内最大級の集団給食の専門展が開催されます。

 開催日時:2014年9月17日(水)〜9月19日(金) 10:00〜17:00
 開催場所:東京ビッグサイト 東ホール

 □くわしくは、フードソリューション(F-SYS)ホームページへ
  http://www.f-sys.info/f-sys/




今月の「eね!サポート」情報は以上です。参考にしていただけましたか?
北陸電力では、省エネに関する各種コンサルティングを実施しておりますので
お気軽にお問合せください。




.:編集後記:.

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

先日甲子園の決勝が行われ、大阪桐蔭高校の四度目の優勝で幕を閉じた今夏の
大会では、なんと北信越の五校がすべて1回戦を突破しました!これは甲子園
の長い歴史の中でも初めてだそうです。(ちなみに2回戦でも4校が勝利!)
北陸新幹線の開業を来年に控え「北陸地域」に注目が集まったのは嬉しいです。
まだまだ残暑は続きそうですが、甲子園球児たちに負けない勢いで乗り切りた
いと思います!





□■新規登録・配信先変更・停止依頼━━━━━━━━━━━━━━━━━━


新規登録・情報変更・配信解除は、下記より手続きください。

 □「eね!サポート」ホームページ
 http://www.rikuden.co.jp/cleaneco/A_mlmg.html



□■お問合せ先━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 □発行元:北陸電力株式会社 営業推進部 商工コンサルチーム
 syou-ene@rikuden.co.jp

 □北陸電力に関するご意見・各種お問合せ
 http://www.rikuden.co.jp/info/inquiry.html


※記事中の会社名、製品名は、弊社および各社の登録商標、または商標です
※記事中の情報は、予告なく変更される場合があります
※本サービスは情報が完全、正確であることを保証するものではありません


Copyright 2014 Hokuriku Electric Power Company. All rights reserved.


←BACKINDEX NEXT→


ご利用上の注意

著作権や免責事項、準拠法および合意管轄については、メールマガジンの利用規約に準じます。

ページの先頭へ


よくあるご質問

Copyright(C) Hokuriku Electric Power Company. All Rights Reserved.