北陸電力

サイト内検索

ビジネスサポート > エネルギーの利用に役立つ情報のご提供 > 省エネ情報ご提供 > バックナンバー(Vol.23)


エネルギーの利用に役立つ情報のご提供

eね!サポート 2012年3月版−Vol.23−

□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□
■□
□  北陸電力メールマガジン「eね!サポート」2012年3月版/Vol.23

   〜電化を通じて、お客さまの省エネ・CO2削減をお手伝いします〜
                                  □
□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■


こんにちは!北陸電力 営業推進部です。
日々、暖かさが増し春を感じられるようになりました。春といえば桜、北陸の
開花予想は福井が4月7日、金沢が4月8日、富山が4月9日ともうすぐ南から順番
に北上してきます。昨年は、震災で複雑な思いの中、自粛された方が多かった
ようですが、新しい春は元気に上を向いて見に行きたいですね。

今月は、省エネに取り組む上で重要な資料となるエネルギーフローのご紹介を
中心に企業の省エネに有効な最新情報をお届けいたします。




▼INDEX────────────────────────────┐
▽・今月の省エネワンポイント … エネルギーフローについて
▽・省エネお役立ち情報 … 省エネ法の一部改正について
▽・補助金情報 … 平成24年度 補助金情報について、他
▼─────────────────────────────────┘

※本メールは、配信を希望いただいた方にお送りしております
※新規登録・配信先変更・配信停止のお手続きは、文末をご覧ください





□■eね!サポート情報━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┏━┓
○●今月の省エネワンポイント
┗━┛
───────────────────────────────────
〜エネルギーフローについて〜
───────────────────────────────────
 2011年9月(Vol.17)号にて、エネルギーマネジメント全般(PDCAサイクル)を
 ご説明しました。まずエネルギーの使用箇所を「知り」、使用量を「見える
 化」することが重要でしたね。しかし「見える化」だけでは無駄は見えても
 省エネが終わったわけではありません。

 そこで今回はもう一歩踏み込んで、設備ごともしくは管理項目ごとのエネル
 ギーフローを作成し、効率的な省エネ対策を見つける方法をご紹介します。


 ○エネルギーフローとは
  施設全体で外部からどれだけのエネルギー(電気・燃料等)を購入し、そ
  のエネルギーがどの用途(設備)で、どれだけ使用されているのかを一目で
  わかるように表した図表です。


 <電力70%+燃料30%=100%の工場の例>

 ◆電力(70%)⇒|生産設備(28%)  ⇒|機械加工(8%)
        |          |加熱処理(18%)
        |          |搬送(2%)
        |
        |空気圧縮機(15%) ⇒|圧縮動力(10%)
        |          |排熱(5%)
        |
        |空調設備(12%)  ⇒|冷房(5%)
        |          |暖房(7%)
        |
        |照明(10%)    ⇒|工場棟(6%)
        |          |事務所(4%)
        |
        |昇降設備他(5%)  ⇒|リフト(1%)
        |          |その他(4%)


 ◆燃料(30%)⇒|蒸気ボイラ(25%) ⇒|缶水ブロー(1%)
        |          |排ガス(2%)
        |          |設備利用(15%)
        |          |ドレン(4%)
        |          |放熱ロス(3%)
        |
        |吸収式冷温水発生機(5%)

 工場の場合は、もう少し詳細に生産工程ごとの使用量の把握も必要です。

 例のように管理項目や個別設備ごとにエネルギーフローを作成することで、
 投入エネルギーの利用状況が把握でき、省エネ対策箇所もおのずと見えて
きます。


 ○省エネ優先順位はどこから?
  施設全体のエネルギーの流れから、生産への影響が少なく、費用をかけず
  に取り組めるところから始め、次に使用割合が大きく全体に与える影響が
  大きいところへと取り組むことが効果的です。


 エネルギーフロー図は、今後、省エネに取り組む上で目標設定や中長期計画
 を策定する際の重要な資料となります。根気よく作成することをお勧めしま
 す。


 □ご参考 文部科学省(大学等における省エネルギー対策の手引き)
  http://www.mext.go.jp/component/a_menu/education/detail/__icsFiles/afieldfile/2010/04/01/1291316_5.pdf


 なお、当社ではエネルギーフロー作成のご相談も承っております。
 ご要望は下記アドレスまでご連絡ください。

 □営業推進部 商工コンサルチーム
  syou-ene@rikuden.co.jp

 □関連記事 eね!サポート 2011年9月版−Vol.17−
  http://www.rikuden.co.jp/cleaneco/A_mlmg_backnum_017.html




┏━┓
○●省エネお役立ち情報
┗━┛
───────────────────────────────────
〜エネルギーの使用の合理化に関する法律(省エネ法)の一部改正について〜
───────────────────────────────────
 エネルギーの需給の早期安定化のため、需要側のエネルギー管理システム等
 が有効に活用されるよう、電力ピークの需要家側における対策、建築材料等
 に係るトップランナー制度の措置を講ずるものです。

 □くわしくは、経済産業省 資源エネルギー庁 ホームページへ
  http://www.meti.go.jp/press/2011/03/20120313001/20120313001.html




┏━┓
○●補助金情報
┗━┛
───────────────────────────────────
〜[予告] 平成23年度エネルギー管理システム導入促進事業費補助金(BEMS)〜
───────────────────────────────────
 今後のスケジュール(予告)が掲載されております。BEMSを検討のお客さまは、
 情報収集に努めてください。

 □くわしくは、一般社団法人 環境共創イニシアチブ お知らせ
  http://sii.or.jp/energy_system_bems/?archives=5

───────────────────────────────────
〜平成24年度 補助金情報について〜
───────────────────────────────────
 平成24年度に下記補助事業に関連する設備投資をお考えのお客さまは、早め
 の情報収集と準備がお勧めです。(※平成24年度予算成立が前提です)

 □平成24年度「エネルギー使用合理化事業者支援補助金」について
  http://www.enecho.meti.go.jp/info/tender/tenddata/1203/120305b/120305b.htm

 □平成24年度「省エネルギー対策導入促進事業費補助金」について
  http://www.enecho.meti.go.jp/info/tender/tenddata/1203/120302d/120302d.htm

 □平成24年度「住宅・建築物のネット・ゼロ・エネルギー化推進事業費補助金
  (住宅・建築物高効率エネルギーシステム導入促進事業)」について
  http://www.enecho.meti.go.jp/info/tender/tenddata/1203/120307a/120307a.htm

 □「平成24年度家庭・事業者向けエコリース促進事業費補助金」について
  http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=14786




今月の「eね!サポート」情報は以上です。参考にしていただけましたか?
北陸電力では、省エネ・CO2削減に関する各種コンサルティングを実施して
おりますので、お気軽にお問合せください。



□■新規登録・配信先変更・停止依頼━━━━━━━━━━━━━━━━━━


新規登録・情報変更・配信解除は、下記より手続きください。

 □「eね!サポート」ホームページ
 http://www.rikuden.co.jp/cleaneco/A_mlmg.html



□■お問合せ先━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 □発行元:北陸電力株式会社 営業推進部 商工コンサルチーム
 syou-ene@rikuden.co.jp

 □北陸電力に関するご意見・各種お問合せ
 http://www.rikuden.co.jp/info/inquiry.html


※記事中の会社名、製品名は、弊社および各社の登録商標、または商標です
※記事中の情報は、予告なく変更される場合があります
※本サービスは情報が完全、正確であることを保証するものではありません


Copyright 2012 Hokuriku Electric Power Company. All rights reserved.


←BACKINDEXNEXT→


ご利用上の注意

著作権や免責事項、準拠法および合意管轄については、メールマガジンの利用規約に準じます。

ページの先頭へ


よくあるご質問

Copyright(C) Hokuriku Electric Power Company. All Rights Reserved.