関連情報

災害・停電時の対処法

気象庁や自治体から災害に関する注意報や警報は出ていますか?


自然災害等の危険が迫っていますか?

気象庁や自治体から災害に関する注意報や警報は出ていますか?


電気が消えている範囲は?

近所、付近一帯も/家全体/家の一部だけ/部屋の中の1灯だけ



ケース1 近所、付近一帯も電気が消えている

災害や設備故障により停電が発生しているようです。

北陸電力送配電では、「配電自動化システム」の導入によりエリア内で発生した停電を早期に発見し、迅速な復旧に努めておりますので、復旧までお待ちください。

  • 使っていた電化製品のスイッチを切ってください。
  • 自然災害による停電(事故停電)のほか、作業による停電(作業停電)もあります。

知りたいとき

停電の確認には、災害時の注意喚起や停電情報、電力需給状況などを配信する公式SNSが便利です。

停電情報
北陸電力送配電公式Twitter

もしかして「作業停電」かも?

停電の日時は、事前にハガキやチラシでお知らせしています。
作業停電は次のような場合に行っています。

  • お客さまが電気設備を増加されるとき
  • 事故による停電を未然に防ぐため、設備を改修するとき
  • 道路の拡張工事などで電柱や電線をほかの場所へ移すとき


ケース2 家全体の電気が消えた

ブレーカーが動作しているのかもしれません。

分電盤をご確認ください


  • 契約ブレーカーや漏電遮断器を調べてください。つまみが下がっていたら、使っている電化製品のプラグをコンセントから抜いて、ブレーカーのつまみを上げてください。


短い時間に停電と復旧を繰り返した場合

  • スマートメーターが施設されている場合、契約アンペア以上に電気を使用すると、メーターに内蔵した契約ブレーカーが動作し停電することがあります。
  • 約1分後に自動復帰しますが、短時間にこの契約ブレーカーの動作による停電を繰り返すと自動復帰を取り止め、停電が継続します。
  • 北陸電力送配電にお問い合わせください。

ネットワークサービスセンター(24時間受付)0120-837119


ケース3 家の一部だけ電気が消えた

漏電しゃ断器が動作しているのかもしれません。
  • 分電盤の配線用遮断器が切れていないか調べる必要があります。
  • 調査の際、どこの部屋の配線用遮断器なのか表示しておくと便利です。


配線用遮断器をチェック!!



ケース4 部屋の中の1灯だけ電気が消えた

照明や家電自体の問題かもしれませんね。
  • ソケットがゆるんでいないか締めなおしてみましょう。
  • スイッチが破損しているときは、修理するか新品に取り替えてください。
  • 電球や蛍光灯が消耗しているときは新品に取り替えてください。
  • コードを曲げるとチカチカする場合は、新しいコードに交換しましょう。

機器の修理や取り替えは町の電気屋さんに相談すると便利です




停電時はあわてず、普段から心構えを

夜の停電にもあわてないように、懐中電灯を常備し、置き場所を決めておくと安心です。また再び電気がついたときのために、ドライヤー、アイロン、電気ストーブなどの熱機器のプラグはコンセントから抜いて、その後、どこが停電しているのか確認しましょう。停電には普段の心構えが大切です。


  • 停電時は、係員が原因を調査し、修理を行います。調査により、お客さまの設備(屋内配線・器具など)の修理が必要なときは、電気工事店で工事をしていただくこともあります。




事故による停電を防ぐために

北陸電力送配電では、日頃から設備の点検を行っています。停電の原因には落雷や台風などの自然災害のほか、次のような原因もあります。見かけたときは、ご面倒でもお近くの北陸電力送配電までご連絡ください。

  • 鳥が電柱に巣をつくっている
  • 電線に樹木が接触している

ご連絡先

ネットワークサービスセンター(24時間受付)0120-837119