北陸電力

サイト内検索

ビジネスサポート > エネルギーの利用に役立つ情報のご提供 > 省エネ情報ご提供 > バックナンバー(Vol.79)


エネルギーの利用に役立つ情報のご提供

eね!サポート 2016年11月版−Vol.79−

□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□
■□
□  北陸電力メールマガジン「eね!サポート」2016年11月版/Vol.79

        〜お客さまの省エネをお手伝いします〜
                                  □
□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■


こんにちは!北陸電力 エネルギー営業部です。

いつも北陸電力メールマガジンをご覧いただきありがとうございます。

東京で11月としては初の積雪を記録、今年は本格的な寒さが東から訪れました。
そんな東京では2020年のオリンピック開催を前に設備や環境の整備が進んでお
り、環境面の1つにはたばこの分煙化が挙げられています。近年は値上や分煙
化が進んだことでJT社の調査で2016年の男性喫煙率がピーク時の約半分、初め
て3割を切ったとはいえ、他の先進国並みの分煙を推進する意見が出ています。
メーカーとしては灰や煙、嫌なにおいが出ず、周囲に迷惑をかけにくい"次世
代たばこ"で消費を喚起していますが、煙や嫌なにおいがなければ喫煙場所の
換気量が減り、引いては空調負荷が少なくなり省エネにもつながりますね。

今月はひんやりした空気がおいしく感じられる冬における省エネチェックポイ
ントをご紹介します。




▼INDEX────────────────────────────┐
▽・省エネワンポイント … 冬の省エネチェックポイントについて
▽・お役立ちワンポイント … 産業分野へのヒートポンプの活用
▽・北陸電力からのお知らせ … 首都圏のお客さま向け「北陸かがやき契約」
▼────────────────────────────────┘

※本メールは、配信を希望いただいた方にお送りしております
※新規登録・配信先変更・配信停止のお手続きは、文末をご覧ください





□■eね!サポート情報━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┏━┓
○●省エネワンポイント
┗━┛
───────────────────────────────────
〜冬直前省エネチェックポイントについて〜
───────────────────────────────────
冬季は気候が厳しくなりエネルギー消費が高まる点では夏季と似通っています。
今回は、夏季からの省エネのおさらいも兼ね、冬季のビル・工場における省エ
ネの考え方をまとめ、具体例をご紹介します。


『空調の省エネの第一歩は「負荷の軽減」です』

負荷はビル・工場で異なりますが、室内負荷と外部負荷があり、冬季も外部負
荷を低減させることで省エネになります。外部から熱が侵入した夏季と異なり
暖房時はガラスや壁等を通して出ていく熱、窓・サッシ等から侵入する隙間風
や換気のために取り入れる冷気、それぞれを少なくすることで負荷が減ります。

 ◆カーテン、ペアガラスや樹脂サッシの採用で暖気を逃がさない
 ◆CO2濃度を計測しながら外気取入量を調整
 ◆扇風機やサーキュレータを活用し、屋内上部に滞留する暖気を撹拌
 ◆暖房開始時間を見直し、電力需要のピーク時間帯を避けて起動
 ◆設定温度の見直し


『照明の省エネは長くなる点灯時間の「見直し・調整」を』

照明設備は単体としては他の機器に比べ比較的消費電力が少ないですが、多く
の台数が設置され、全体としては大きな電力を使用する設備です。特に冬季は
夏季に比べ日没が早く照明の点灯時間が長くなり、消費電力量が増える傾向に
あります。

 ◆ビルや工場における不要照明の消灯、照度の見直し
 ◆広告や看板照明等の点灯・消灯時間の調整
 ◆従来型蛍光灯を高効率蛍光灯やLED照明に交換


『生産・ユーティリティ設備の省エネは「時間を変えて」継続します』

工場ごとに生産・ユーティリティ設備の運用状況は異なります。夏季は気温の
高くなる日中を避けた運用が考えられましたが、冬季は逆に冷え込む朝晩を避
けた運用をする等、継続した取り組みでも時間を変えて行います。

 ◆ライン停止時、非操業時の設備の電源OFF
 ◆ライン停止時における圧縮空気や冷却水等ユーティリティの停止
 ◆業務開始時における設備や機器等の順次起動
 ◆設備新設や増設、また老朽更新時に高効率機器を採用




┏━┓
○●お役立ちワンポイント
┗━┛
───────────────────────────────────
〜産業分野へのヒートポンプの活用〜
───────────────────────────────────
多くの工場では「熱」が使用されており、その発生源は主にボイラーではない
でしょうか。給水タンクに貯めた水をボイラーで加熱、蒸気もしくは温水とし
て生産工場へと運ばれ「熱」として利用されています。

<ボイラーの省エネ>
燃料費は給水される水温に左右されるため、ヒートポンプ給湯器で温度を上げ
てからボイラーへ送ることにより、燃料費の削減が可能になります。

省エネ効果は従来システムの規模、稼働状況や燃料の使用量により異なります。
当社では試算やシミュレーションによるご提案を承っております。ボイラーの
省エネをお考えの際は、ぜひご相談ください。

 □詳しくは北陸電力のホームページへ
  http://www.rikuden.co.jp/sangyo/jirei3.html




┏━┓
★北陸電力からのお知らせ -- ☆・-- ☆・-- ☆・-- ☆・-- ☆・-- ☆・--
┗━┛
───────────────────────────────────
〜首都圏エリア向けの電気料金メニュー〜 ◇「北陸かがやき契約」について◇
───────────────────────────────────
北陸電力は2016年4月から、首都圏エリアで電気を販売しています。
2017年3月末まではお得なキャンペーンを実施しておりますので、首都圏にお
住いの方はこの機会に是非ご検討ください。

★北陸かがやきキャンペーン★(首都圏にお住まいのお客さま向け)

期間中に北陸電力とご契約いただくと、抽選で北陸の魅力あふれる賞品をプレ
ゼントします。自動エントリーですので応募の手続きはご不要です。

 期間:2017年3月31日(金)まで!

 □首都圏エリアで北陸電力の電気をお考えのお客さまはこちらから
  http://www.rikuden.co.jp/eriagai/index.html




.:編集後記:.

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

冒頭で触れました"次世代たばこ"ですが、禁煙の外食店やタクシーであっても
「加熱式」ならOKというところがあるそうです。では、歩きたばこを条例で禁
止する自治体ではどうかというと、次世代たばこへの対応は分かれています。
やけどや煙害の心配はないが、ポイ捨ての懸念があるからだそうです。
確かに条例で環境が良くなったとしたら、認可は難しいのかもしれませんね。
場所によりルールは違いますが、マナーを守り気持ちよく過ごせる空間づくり
が大切ではないかと思います。





□■新規登録・配信先変更・停止依頼━━━━━━━━━━━━━━━━━━


新規登録・情報変更・配信解除は、下記より手続きください。

 □「eね!サポート」ホームページ
 http://www.rikuden.co.jp/cleaneco/A_mlmg.html



□■お問合せ先━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 □発行元:北陸電力株式会社 エネルギー営業部エネルギー営業総括チーム
 syou-ene@rikuden.co.jp

 □北陸電力に関するご意見・各種お問合せ
 http://www.rikuden.co.jp/info/inquiry.html


※記事中の会社名、製品名は、弊社および各社の登録商標、または商標です
※記事中の情報は、予告なく変更される場合があります
※本サービスは情報が完全、正確であることを保証するものではありません


Copyright 2016 Hokuriku Electric Power Company. All rights reserved.
 


←BACKINDEX NEXT→  


ご利用上の注意

著作権や免責事項、準拠法および合意管轄については、メールマガジンの利用規約に準じます。

ページの先頭へ


よくあるご質問

Copyright(C) Hokuriku Electric Power Company. All Rights Reserved.