北陸電力

サイト内検索

ビジネスサポート > エネルギーの利用に役立つ情報のご提供 > 省エネ情報ご提供 > バックナンバー(Vol.63)


エネルギーの利用に役立つ情報のご提供

eね!サポート 2015年7月版−Vol.63−

□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□
■□
□  北陸電力メールマガジン「eね!サポート」2015年7月版/Vol.63

        〜お客さまの省エネをお手伝いします〜
                                  □
□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■


こんにちは!北陸電力 エネルギー営業部です。

7月も終盤にさしかかり日射しは強く、気温も上昇、本格的な夏到来ですね。
夏季は高温高湿な気候から『熱中症』や『食中毒』などで体調を崩される方が
多くなる季節です。対策としてエアコンによる室内温度の管理、冷蔵庫や冷凍
庫での食材保管などが挙げられますが、このために機器の使用機会も多くなり
エネルギー使用量が増加する季節でもあります。

そこで今月は、工夫で乗り切る夏季の省エネルギーのポイントをご紹介します。




▼INDEX────────────────────────────┐
▽・省エネワンポイント … 夏季の省エネルギーについて
▽・北陸電力からのお知らせ … 夏季の「でんき予報」について
▼─────────────────────────────────┘

※本メールは、配信を希望いただいた方にお送りしております
※新規登録・配信先変更・配信停止のお手続きは、文末をご覧ください





□■eね!サポート情報━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┏━┓
○●省エネワンポイント
┗━┛
───────────────────────────────────
〜夏季の省エネルギーについて〜
───────────────────────────────────

当社でも電力需給が冬ピークから夏ピークに移行したのが約40年前で、夏季の
エネルギー使用量は一年で最も高いため、省エネをする余地も大きいのですが
体調管理や業務効率に支障がない範囲で取り組む工夫も必要です。

夏季に特に使用量が増大する空調と冷蔵庫、冷凍庫についての省エネルギー対
策を、具体的なポイントを挙げて解説いたします。


))) 空調機器・・・夏季は冷房需要が増大 (((

・設定温度の見直しと運転の工夫・
環境省が推奨する「冷房時の設定温度28度」は、定着してきた感がありますが
夏の冷房時の設定温度を1度高くすると、約13%の消費電力の削減になります。
最新の機器であれば「自動運転」モードなどで賢く運転できますが、そうでな
い場合は、同じ温度でも風のあたり方等で涼しく感じますので、風量や風向を
工夫してみましょう。

・使用していない箇所は空調を停止・
会議室や更衣室などは不在時にも空調が稼働している場合があります。自動タ
イマー運転の見直しや、使用していない部屋の空調は電源を切りましょう。

・窓にはブラインド、すだれやよしずを活用・
通常の布地のカーテンは熱を吸収しやすかったりします。窓にはブラインドや
すだれをかけ、日射を低減し不要な熱を遮断しましょう。また空調の室外機に
も、よしず等を利用して直射日光があたらないようにすると効果的です。

・夜間や休日などは換気扇を停止・
人のいない夜間や休日等で、室内のCO2濃度が低い場合には換気扇を停止して
熱を持った外気の侵入を防ぐようにしましょう。
ただし、建築物における衛生的環境の確保に関する法律に定められているCO2
濃度以下になるよう、空気環境に注意してください。


)))冷蔵庫や冷凍庫・・・衛生の確保や冷たい食べ物に大活躍 (((

・適正な庫内温度・
冷蔵庫や冷凍庫は過冷却状態になっている場合があります。食材の種類や保存
期間に応じて適正な温度になるよう設定を見直しましょう。

・庫内の収納・
冷蔵庫の中にものを詰め込みすぎていると、冷却負荷が大きくなるため余分に
エネルギーを消費します。ものの詰め込みすぎに注意しましょう。
一方、冷凍庫は庫内の食材等が蓄熱材の役割を果たすため、詰め込むことで逆
に冷却負荷が抑えられます。隙間には小さなものを詰める等、工夫しましょう。
また、庫内を整理すれば、出し入れにかかる開閉時間も短くなります。

・冷蔵庫周辺の環境・
冷蔵庫は直射日光のあたらない場所に設置しましょう。また壁から離して設置
することで放熱しやすくなり、冷却負荷が抑えられます。


まずは涼しい場所で省エネを検討し、体調や業務に無理をかけず、工夫で夏季
を乗り切りましょう。




┏━┓
★北陸電力からのお知らせ-- ☆・-- ☆・-- ☆・-- ☆・-- ☆・-- ☆・--☆
┗━┛
───────────────────────────────────
〜夏季の「でんき予報」について(お知らせ)〜
───────────────────────────────────
北陸電力では日々の電力使用状況を分かりやすくお伝えし、節電へのご協力を
お願いするため、当社ホームページにて「でんき予報」を公開しております。
7月1日の「でんき予報」より内容を拡充しましたので、ぜひご活用ください。


【対象期間】

 平成27年7月1日(水)〜平成27年9月30日(水) ※予定


【掲載内容】

(1)ホームページ         ★が7月1日より拡充した情報です

 公開URL
  http://www.rikuden.co.jp/denki-yoho/index.html
 ────────────────────────────────
 掲載時期
  週間予報  : 毎週木曜日18時頃更新
 ★2週間前予報 : 毎週金曜日18時頃更新
  翌日予報  : 毎日18時頃更新
 ────────────────────────────────
 翌日・当日予報の内容
  予想最大電力・ピーク時供給力、予備率
 ★ピーク時供給力内訳、前日ピーク時供給力との差異
 ★予備率見通し(1時間後)、使用電力予測率(1時間値)
 ★予備率の応じたメッセージ表示、節電をお願いしたい時間帯
 ────────────────────────────────
 2週間前予報・週間予報の内容
 ★2週間前予報・週間予報(供給力、最大電力、予備率)
 ────────────────────────────────
 使用電力実績の内容
  使用電力実績(5分値、1時間値)、予備率(1時間値)
  電力使用状況データ(5分値、1時間値)
 ★使用電力実績(前日実績)


(2)公式ツイッター

 公開URL
  http://www.rikuden.co.jp/info/twitter.html
 ────────────────────────────────
 掲載時期
  翌日予報  : 毎日18時15分頃更新
 ────────────────────────────────
 翌日・当日予報の内容
  供給力、最大電力、予備率(ピーク時)
 ────────────────────────────────
 電力需給状況の他、でんきの上手な使い方等の情報も発信しています。


 □くわしくいご案内は、当社ホームページをご覧ください。
  http://www.rikuden.co.jp/info/attach/denkiyoho20150630.pdf




今月の「eね!サポート」情報は以上です。参考にしていただけましたか?
北陸電力では、省エネに関する各種コンサルティングを実施しておりますので
お気軽にお問合せください。




.:編集後記:.

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

7月から前任者に代わり、「eね!サポート」を担当することになりました。
今回の交代で5代目編集者になります。これまでは見る側だったのが一変して
発信する側となり、いま、色々なものの見方が必要なんだと実感しています。
みなさまが毎月の配信を楽しみにしていただけるよう、役立つ情報をお届けす
ることを心がけたいと思いますので、今後ともよろしくお願いいたします。





□■新規登録・配信先変更・停止依頼━━━━━━━━━━━━━━━━━━


新規登録・情報変更・配信解除は、下記より手続きください。

 □「eね!サポート」ホームページ
 http://www.rikuden.co.jp/cleaneco/A_mlmg.html



□■お問合せ先━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 □発行元:北陸電力株式会社 エネルギー営業部エネルギー営業統括チーム
 syou-ene@rikuden.co.jp

 □北陸電力に関するご意見・各種お問合せ
 http://www.rikuden.co.jp/info/inquiry.html


※記事中の会社名、製品名は、弊社および各社の登録商標、または商標です
※記事中の情報は、予告なく変更される場合があります
※本サービスは情報が完全、正確であることを保証するものではありません


Copyright 2015 Hokuriku Electric Power Company. All rights reserved.


←BACKINDEX


ご利用上の注意

著作権や免責事項、準拠法および合意管轄については、メールマガジンの利用規約に準じます。

ページの先頭へ


よくあるご質問

Copyright(C) Hokuriku Electric Power Company. All Rights Reserved.