北陸電力

サイト内検索

ビジネスサポート > エネルギーの利用に役立つ情報のご提供 > 省エネ情報ご提供 > バックナンバー(Vol.32)


エネルギーの利用に役立つ情報のご提供

eね!サポート 2012年12月版−Vol.32−

□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□
■□
□  北陸電力メールマガジン「eね!サポート」2012年12月版/Vol.32

      〜お客さまの省エネ・CO2削減をお手伝いします〜
                                  □
□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■


こんにちは!北陸電力 営業推進部です。

本年もあと僅かとなり、年の瀬が近づいてきました。

先日、日本漢字能力検定協会が今年の漢字を「金」と発表し、家庭や職場で話
題にされた方も多かったと思います。
皆さまにとっての「今年の漢字」は何でしたか?(→末尾に続きます)

今月はメルマガ事務局でも本年を振り返って、1年間の省エネワンポイントの
おさらいをします。様々なテーマを取り上げた中で、改めて省エネの可能性を
感じていただきたいと思います。




▼INDEX────────────────────────────┐
▽・今月の省エネワンポイント … 省エネワンポイント2012年のおさらい
▽・省エネお役立ち情報 … 第2回グリーン照明シンポジウム
▽・省エネ補助金情報 … 次世代型熱利用設備導入緊急対策事業
▽・北陸電力ニュース … 今冬の「でんき予報」について
▼─────────────────────────────────┘

※本メールは、配信を希望いただいた方にお送りしております
※新規登録・配信先変更・配信停止のお手続きは、文末をご覧ください





□■eね!サポート情報━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┏━┓
○●今月の省エネワンポイント
┗━┛
───────────────────────────────────
〜省エネワンポイント2012年のおさらい〜
───────────────────────────────────
 今年ご紹介させていただいた省エネワンポイントをおさらいします。
 振り返ると、様々な省エネをご紹介させていただきました。

 ◆1月 〜蓄熱システムについて〜
  夜間に蓄えた熱を昼間に利用し電力ピーク時間帯の電力消費を抑制。既存
  の設備の改良や設定を工夫することで更に省エネメリットが得られます。

 ◇2月 〜照明の省エネについて〜
  オフィスビルでは全体エネルギーの約2割を占める照明に着目。優先順や事
  例を参考にリニューアルすることで、大幅な省エネが可能です。

 ◆3月 〜エネルギーフローについて〜
  エネルギーの「見える化」からもう一歩踏み込んで、設備ごともしくは管
  理項目ごとのエネルギーフローを作成し効率的な省エネ対策を見つけます。

 ◇4月 〜エネルギー管理システムについて〜
  重要性が増すエネルギー管理。IT技術との組み合わせで急速に発展・進化
  を遂げたデマンドコントローラー、BEMS、当社サービス「@エナジー」。

 ◆5月 〜夏直前、事業所における節電対策〜
  本格的な夏を直前に控え、事業所における節電対策はポイントを整理、
  絞った上での検討がより効率的な取り組みとなり、効果が期待できます。

 ◇6月 〜再生可能エネルギーについて〜
  注目と活用の期待が高まる「再生可能エネルギー」。太陽光、風力、水力
  地熱等の他、冷暖房や給湯の熱源に利用される熱エネルギーもあります。

 ◆7月 〜自動販売機の省エネについて〜
  身近にある自動販売機でも、現行型に対してできる省エネ・節電手法から
  最新型に備わっている省エネ・節電機能への置換えまで、検討が可能です。

 ◇8月 〜気化熱を利用した省エネについて〜
  液体が気体になるときに周囲から吸収する熱の現象を利用して、屋根や空
  調機の室外機で活用できます。

 ◆9月 〜空調機の清掃について〜
  冬までしばらくお休みとなる空調機。空調時期が終わってすぐ清掃するメ
  リットと、簡単な清掃箇所から専門技術が必要な清掃箇所までご紹介。

 ◇10月 〜秋の省エネチェックポイント〜
  夏の節電メニューより、オフィスビルと製造業において秋でも適用できる
  省エネ項目で、年間を通したエネルギーの無駄遣いを防ぐ取り組みを。

 ◆11月 〜窓の断熱について〜
  結露は建物内で熱を多く逃がしているサイン。結露防止だけでなく、省エ
  ネにもつながるニーズ別の窓の断熱方法について。


 皆さまも1年の省エネ活動を振り返っていただき、併せて今年の省エネワン
 ポイントをご参考に、来年の省エネに取り組んでいただければ幸いです。

 □各月の記事は当社ホームページのメルマガバックナンバーをご覧ください
  http://www.rikuden.co.jp/cleaneco/A_mlmg_backnum.html




┏━┓
○●省エネお役立ち情報
┗━┛
───────────────────────────────────
〜第2回グリーン照明シンポジウム〜     ◇参加費無料・要お申込み◇
───────────────────────────────────
「美しい癒しの光と快適な光」をテーマに、グリーン照明シンポジウムが開催
されます。多くのご参加をお待ちしております。

 開催日時:2013年1月28日(月) 13:00〜14:30(受付12:20〜)
 開催場所:富山大学 黒田講堂
 主  催:(社)照明学会北陸支部
 後  援:北陸電力株式会社
 定  員:100名(先着順)

 □くわしくは、下記の案内をご覧のうえお申込みください
  http://www.rikuden.co.jp/cleaneco/attach/seminar20130128.pdf




┏━┓
○●省エネ補助金情報
┗━┛
───────────────────────────────────
〜平成24年度次世代型熱利用設備導入緊急対策事業について〜
───────────────────────────────────
経済産業省にて、次世代型熱利用設備の導入に対する助成金事業の公募が始ま
りました。

 □くわしくは、三菱総合研究所ホームページへ
  http://www.mri.co.jp/NEWS/press/2012/2043613_2212.html




┏━┓
○●北陸電力ニュース
┗━┛
───────────────────────────────────
〜今冬の「でんき予報」について〜
───────────────────────────────────
当社は、お客さまに日々の電力使用状況を分かりやすくお伝えし、節電への
ご協力をお願いするため、当社ホームページにて公開している「でんき予報」
での提供情報について、節電要請期間が始まる12月3日分より、内容を拡充し
て公開しております。

 □くわしくは、北陸電力 節電のお願い・でんき予報のページへ
  http://www.setsuden-rikuden.jp/




//編集後記//

───────────────────────────────────
〜今年の漢字について〜
───────────────────────────────────
2012年は「金」で、ロンドン五輪での日本人選手の活躍や、金環日食、世界一
の自立式電波塔として金字塔を打ち立てた東京スカイツリー、山中伸弥京大教
授のノーベル賞受賞、消費税増税などが理由に挙げられていました。

「金」ではなくても、金へんを調べると「銀」や「銅」の他、「釣」や「錦」
…、もっと難しい字が沢山出てきて、この漢字の読みは?意味は?と、つい見
入ってしまいました。
豊かな漢字文化を持つ、日本ならではの楽しみ方はたくさんありますね。




今月の「eね!サポート」情報は以上です。
本年もメールマガジンを継続してご愛読いただき、誠にありがとうございました。

来年も皆さまの省エネルギーにお役立ていただける情報をお届けいたしますので
今後ともよろしくお願いいたします。



□■新規登録・配信先変更・停止依頼━━━━━━━━━━━━━━━━━━


新規登録・情報変更・配信解除は、下記より手続きください。

 □「eね!サポート」ホームページ
 http://www.rikuden.co.jp/cleaneco/A_mlmg.html



□■お問合せ先━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 □発行元:北陸電力株式会社 営業推進部 商工コンサルチーム
 syou-ene@rikuden.co.jp

 □北陸電力に関するご意見・各種お問合せ
 http://www.rikuden.co.jp/info/inquiry.html


※記事中の会社名、製品名は、弊社および各社の登録商標、または商標です
※記事中の情報は、予告なく変更される場合があります
※本サービスは情報が完全、正確であることを保証するものではありません


Copyright 2012 Hokuriku Electric Power Company. All rights reserved.


←BACKINDEXNEXT→


ご利用上の注意

著作権や免責事項、準拠法および合意管轄については、メールマガジンの利用規約に準じます。

ページの先頭へ


よくあるご質問

Copyright(C) Hokuriku Electric Power Company. All Rights Reserved.