北陸電力

サイト内検索

ビジネスサポート > エネルギーの利用に役立つ情報のご提供 > 省エネ情報ご提供 > バックナンバー(Vol.16)


エネルギーの利用に役立つ情報のご提供

eね!サポート 2011年8月版−Vol.16−

□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□
■□
□  北陸電力メールマガジン「eね!サポート」2011年8月版/Vol.16

   〜電化を通じて、お客さまの省エネ・CO2削減をお手伝いします〜
                                  □
□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■


こんにちは!北陸電力 営業推進部です。
日頃より節電にご協力いただきありがとうございます。誠にご不便をおかけし
ますが、引き続き、節電へのご理解・ご協力をお願いいたします。

8月下旬は暑さも一旦和らぎましたが、気象庁の3ヵ月予報では、9月の気温が
高めとなる確率が50%と残暑のようです。またこれからの時期は台風が気にな
りますね。9月の台風は秋雨前線を活発にして豪雨をもたらす事もありますので
台風情報に注意して、すぐに対応できるように水や風への対策はとっておきた
いですね。

今月は、窓の遮熱フィルムに関する省エネのご紹介を中心に、企業の省エネに
有効な最新情報をお届けいたします。



▼INDEX────────────────────────────┐
▽・セミナーのご案内 … ものづくり夢塾 in TOYAMA
▽・今月の省エネワンポイント … 窓の遮熱フィルムの省エネについて
▽・省エネお役立ち情報 … アクアクルー節水システム
▽・北陸電力ニュース … 北陸電力グループCSRレポート2011の発行、他
▼─────────────────────────────────┘

※本メールは、配信を希望いただいた方にお送りしております
※新規登録・配信先変更・配信停止のお手続きは、文末をご覧ください




┏━┓
☆★セミナーのご案内 ☆・-- ☆・-- ☆・-- ☆・-- ☆・-- ☆・-- ☆・--
┗━┛
───────────────────────────────────
〜ものづくり夢塾 in TOYAMA〜 聴講無料・要申込み
───────────────────────────────────
 「そのアイデアを、新しいチカラヘ」をテーマに、特別講師を招き、新時代
 を拓く「ものづくりのヒント」としてビジネスにご活用いただけるセミナー
 を開催します。ぜひご参加ください。

 開催日時:2011年10月12日(水) 13:00〜16:00(12:30受付開始)
 開催場所:カナルパークホテル富山 2F鳳凰東中(富山市牛島町11-1)
 申込締切:10月5日(水)

 特別講演:「部下を定時に帰す仕事術〜チームをまとめ、成果を出す〜」
       株式会社東レ経営研究所 特別顧問 佐々木 常夫 氏

 □くわしくは、一般社団法人 日本エレクトロヒートセンター
  http://www.jeh-center.org/osirase/gyoji/monozukuri.html

☆・-- ☆・-- ☆・-- ☆・-- ☆・-- ☆・-- ☆・-- ☆・-- ☆・-- ★・--





□■eね!サポート情報━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┏━┓
○●今月の省エネワンポイント
┗━┛
───────────────────────────────────
〜窓の遮熱フィルムの省エネについて〜
───────────────────────────────────

 今夏の節電対策では、主要な電気機器である空調や照明の設備対策は実施さ
 れたかと思います。しかし、冷房負荷の主要因の一つである、ガラス窓から
 の熱の侵入を防ぐ対策はとられたでしょうか?熱負荷を削減することで、空
 調設備の稼動率が下がり省エネが図れます。

 今回は、ガラス窓からの熱侵入を軽減する遮熱フィルムの省エネついてご紹
 介いたします。

 ○遮熱フィルムの特長
 ・透明度が高い
  可視光線を透過するため、明るさや視界を確保できます。
 ・赤外線を大幅カット
  室温の上昇を抑え、冷房負荷を低減します。
 ・紫外線を大幅カット
  人体に有害な紫外線の侵入を防ぎます。
 ・冬季の断熱効果
  断熱効果があるフィルムは熱を逃がさず、冬季の暖房負荷を低減します。
 ・飛散防止効果
  災害時にガラスが割れても飛散せず、破片によるケガを防ぎます。

 ○遮熱フィルムの注意点
 ・ガラスの日射熱吸収率が高まるため、日射熱によって高温化したガラスが
  膨張し、窓枠等の低温部分のガラスとの間で熱応力が発生して「熱割れ」
  が発生する場合があります。事前に調査をお勧めいたします。

 メーカーより様々な特長の商品が発売されています。リンクをご参考に導入
 を検討されてみてはいかがでしょう。


 <遮熱フィルム商品の一例>
 ──────────────────────────────────
 「高透明遮熱フィルム X−3」
 ──────────────────────────────────
 日射熱を反射する能力が高いフィルムで、窓からの熱負荷を軽減し、空調の
 省エネが図れます。また、合わせガラスと遮熱フィルムを組み合わせ、フィ
 ルム寿命を無くした特殊ガラスもあります。

 □くわしくは、三芝硝材株式会社
  http://www.sanshiba-g.co.jp/news/back.html

 ──────────────────────────────────
 「スコッチティント ウインドウフィルム日射調整フィルム(遮熱タイプ)」
 ──────────────────────────────────
 フィルムが窓ガラスから入る日射しの熱を最大で1/2もカット。日射熱を遮
 蔽することで窓からの熱負荷を低減し、空調の省エネを図れます。

 □くわしくは、3M 住友スリーエム株式会社
  http://www.mmm.co.jp/cmd/scotchtint/professional/recommend/setsuden/index.html




┏━┓
○●省エネお役立ち情報
┗━┛
───────────────────────────────────
〜アクアクルー節水システム〜
───────────────────────────────────
 アクアクルー節水器を水栓に取り付ることで無駄な水をカットし、上下水道
 料金の削減ができます。また、節水することで間接的に浄水場や加圧ポンプ
 の節電効果も期待できます。

 □くわしくは、日本海環境サービス株式会社
  http://www.nes-env.co.jp/syohin/s_sessui.html




┏━┓
○●北陸電力ニュース
┗━┛
───────────────────────────────────
〜北陸電力グループCSRレポート2011の発行〜
───────────────────────────────────
 今回のレポートでは、巻頭特集として「東日本大震災を踏まえた総合的な対
 応」と「電力の安定供給確保と低炭素社会の実現に向けて」を取り上げてお
 ります。

 □くわしくは、北陸電力 CSR(企業の社会的責任)への取組みページへ
  http://www.rikuden.co.jp/csr/

───────────────────────────────────
〜でんき予報の公開〜
───────────────────────────────────
 当社では、お客さまに日々の電力使用状況をお伝えし、節電へのご協力を
 お願いするため、7月14日よりホームページにて「でんき予報」を公開して
 おります。

 □くわしくは、北陸電力 節電のお願い・でんき予報のページへ
  http://www.setsuden-rikuden.jp/




今月の「eね!サポート」情報は以上です。参考にしていただけましたか?
北陸電力では、省エネ・CO2削減に関する各種コンサルティングを実施して
おりますので、お気軽にお問合せください。



□■新規登録・配信先変更・停止依頼━━━━━━━━━━━━━━━━━━


新規登録・情報変更・配信解除は、下記より手続きください。

 □「eね!サポート」ホームページ
 http://www.rikuden.co.jp/cleaneco/A_mlmg.html



□■お問合せ先━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 □発行元:北陸電力株式会社 営業推進部 商工コンサルチーム
 syou-ene@rikuden.co.jp

 □北陸電力に関するご意見・各種お問合せ
 http://www.rikuden.co.jp/info/inquiry.html


※記事中の会社名、製品名は、弊社および各社の登録商標、または商標です
※記事中の情報は、予告なく変更される場合があります
※本サービスは情報が完全、正確であることを保証するものではありません


Copyright 2011 Hokuriku Electric Power Company. All rights reserved.


←BACKINDEXNEXT→


ご利用上の注意

著作権や免責事項、準拠法および合意管轄については、メールマガジンの利用規約に準じます。

ページの先頭へ


よくあるご質問

Copyright(C) Hokuriku Electric Power Company. All Rights Reserved.