北陸電力

サイト内検索

企業情報・IR > 会社情報 > 会社概要 > 沿革


会社情報

沿革

 

昭和26年 電気事業再編成により発足
昭和28年9電力体制発足後全国初の水力発電所を運転開始(五条方発電所)
昭和31年常願寺川・有峰発電計画に着手
昭和39年当社初の火力発電所を運転開始(富山火力発電所)
昭和42年原子力発電所計画を発表
昭和48年最大電力が冬ピークから夏ピークへ移行
昭和56年営配総合システムの全店拡大完了
昭和61年自動制御システムによる水力発電所の完全無人化達成
昭和63年海外電気事業者との定期交流開始
平成元年CIを導入。コーポレート・スローガンを「暮らしに夢をともしたい」に
平成5年当社初の原子力発電所を運転開始(志賀原子力発電所)
平成10年当社初のISO14001を認証取得(富山新港火力発電所)
平成11年志賀原子力発電所2号機を着工
平成12年北陸電力グループの事業体制をフロンティア業務とパートナー業務に再構築
本店機構改革を実施。チーム制を導入
平成13年LNG販売会社「北陸エルネス」を設立
平成17年4月1日より電気料金を規制部門で平均4.05%値下げ
平成18年志賀原子力発電所2号機営業運転開始

ページの先頭へ


よくあるご質問

Copyright(C) Hokuriku Electric Power Company. All Rights Reserved.