北陸電力

サイト内検索

ビジネスサポート > エネルギーの利用に役立つ情報のご提供 > 省エネ情報ご提供 > バックナンバー(Vol.61)


エネルギーの利用に役立つ情報のご提供

eね!サポート 2015年5月版−Vol.61−

□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□
■□
□  北陸電力メールマガジン「eね!サポート」2015年5月版/Vol.61

        〜お客さまの省エネをお手伝いします〜
                                  □
□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■


こんにちは!北陸電力 営業推進部です。

北陸地方でも真夏日を記録するなど、少しずつ夏の訪れを感じるようになって
きました。富山・石川・福井の様々な事業所でクールビズがスタートするなど
夏前の衣替えが始まっています。しかしながらクールビズだけでは体温の調整
に限界があり、突然の高温や多湿といった天候の変化に、いつから空調を使用
しようか、判断に迷われている事業所も多いのではないでしょうか。

そこで、今月は空調を使うにはまだ早い…でも、使わないと暑い。というこの
時期の暑さと省エネ対策になる、外気を上手く活用した冷房をご紹介します。




▼INDEX────────────────────────────┐
▽・省エネワンポイント … 外気取り入れによる冷房について
▽・北陸電力セミナー情報… 富山・石川・福井の各県開催のセミナー情報
▼─────────────────────────────────┘

※本メールは、配信を希望いただいた方にお送りしております
※新規登録・配信先変更・配信停止のお手続きは、文末をご覧ください





□■eね!サポート情報━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┏━┓
○●省エネワンポイント
┗━┛
───────────────────────────────────
〜外気取り入れによる冷房について〜
───────────────────────────────────

これからの季節、「夜風で涼む」という言葉をよく耳にしますが、この言葉は
部屋の中より外の方が涼しいことから使われます。この室内と外気の温度差を
利用して冷房を行うのが、今回ご紹介する「外気取り入れによる冷房」です。


◇中間期(春・秋)の冷房では、室内温度より外気温度が低い場合「外気冷房」
 による空調が省エネに効果的です。

【外気冷房】
低温の外気を室内に導入して冷房を行う手法です。外気を冷熱源として冷房に
使用することで、エアコンや冷凍機のエネルギー使用量を抑えます。

 実施事項
 ・外気取り入れ量を多くする(外気取り入れダンパーの開度を大きくする)
 ・室内の窓を開ける

 ポイント
 ・室内と外気の温度差が大きい(室温より外気温の方が低い)場合に有効で
  す。温度差が小さい場合は、室内環境が悪化することもあります。
 ・室温より外気温のほうが高くなる場合は、外気の取り入れ量を増やすと空
  調負荷が大きくなるため、中間期と夏季では外気導入量(ダンパー開度)
  の調整が必要です。


◇冷房期間(夏季)において、夜間の外気温度が室内温度を下回る場合「ナイ
 トパージ」による空調が省エネに効果的です。

【ナイトパージ】
空調時間外(夜間)の低温外気を室内に導入することにより、昼間の熱負荷に
より蓄熱された建物自体を冷却し、室内温度を低下、冷房立ち上げ時の負荷を
抑制する手法です。

 実施事項
 ・空調時間外(夜間)に、室内に外気を取り入れる
  (外気取り入れダンパーの開度を大きくする)

 ポイント
 ・内部発熱の大きな建物や、夏季の昼夜間の温度差が大きい地域において特
  に有効です
 ・省エネ効果に加え、朝の空調立ち上げ前の室内温度が下がるため作業環境
  の向上に効果があります


「外気冷房」、「ナイトパージ」というと一見難しそうに見えますが、要は冷
たい外の空気を室内に取り入れて冷房するという単純な方式です。
ぜひ一度、事業所での実施をご検討ください。

なお、外気の導入にあたっては、全熱交換器の有無やダンパーの開度を調整す
るための制御方法などの確認が必要になります。実施を検討の場合は、専門の
業者にお問い合わせください。




┏━┓
☆★北陸電力セミナー情報
┗━┛

優れた省エネ活動や具体的な省エネ事例、業界の最新動向などをご紹介するセ
ミナーです。省エネ活動のご参考として、ぜひご参加ください。


○福井開催
───────────────────────────────────
〜平成27年度「省エネルギーセミナー −省エネで収支改善−」〜
                       ◇参加無料・要お申込み◇
───────────────────────────────────
企業経営層を対象として、省エネによる収益向上をテーマとしたセミナーを開
催します。収益向上に役立つ省エネ・節電のポイントや照明分野の省エネの最
新動向、実際の省エネ実践事例をご紹介します。

 開催日時:2015年6月4日(木) 13:30〜17:00
 開催場所:福井商工会議所 B1Fコンベンションホール(福井市下六条町16-15)
 主  催:北陸電力株式会社 福井支店
 後  援:福井県電気使用合理化委員会
 定  員:120名 先着順
 締  切:2015年6月1日(月)

 □くわしくは、下記より詳細をご確認のうえ、お申込みください
  http://www.rikuden.co.jp/cleaneco/seminar.html


○石川開催
───────────────────────────────────
〜平成27年度「省エネ推進セミナー −北陸電力ビジネスサポート−」〜
                       ◇参加無料・要お申込み◇
───────────────────────────────────
「新石川県立中央病院〜災害拠点病院の概要と設計手法〜(CPD1単位)、「北
陸新幹線(長野・金沢間)開業〜雪国・山岳地域における鉄道建設技術〜(CP
D1単位)」の講演に加え、空調の運用改善による省エネ事例、照明、給湯分野
の動向についてご紹介します。
展示コーナーでは省エネ事例や各社のPR事例をご覧いただけます。

 開催日時:2015年6月9日(火) 9:30〜15:50
 開催場所:石川県地場産業振興センター 本館1F大ホール(金沢市鞍月2-1)
 主  催:北陸電力株式会社 石川支店
 定  員:300名
 締  切:2015年6月2日(火)

 □くわしくは、下記より詳細をご確認のうえ、お申込みください
  http://www.rikuden.co.jp/cleaneco/seminar.html


○富山開催
───────────────────────────────────
〜平成27年度「省エネセミナー −ムダを見つけて改善−」〜
                       ◇参加無料・要お申込み◇
───────────────────────────────────
エネルギーの「見える化」を「ピークカット・ピークシフト」へつなげた事例
や、熱の見える化による省エネ事例、補助金申請のノウハウについてご紹介し
ます。

 開催日時:2015年6月11日(木) 13:20〜16:30
 開催場所:富山電気ビルデイング 5F 大ホール(富山市桜橋通り3-1)
 主  催:北陸電力株式会社 富山支店
 定  員:150名 先着順
 締  切:2015年6月4日(木)

 □くわしくは、下記より詳細をご確認のうえ、お申込みください
  http://www.rikuden.co.jp/cleaneco/seminar.html




今月の「eね!サポート」情報は以上です。参考にしていただけましたか?
北陸電力では、省エネに関する各種コンサルティングを実施しておりますので
お気軽にお問合せください。




.:編集後記:.

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

先日、庭の水まきをしていると、今シーズン初めて「蚊」に刺されてしまい
ました。あまりの痒みに今後の対策を考えようと「蚊」について調べてみた
ところ、「蚊」は動物の体温や二酸化炭素にひきつけられるそうです。
特にお酒を飲むと呼吸が早くなり、体温もあがるため「蚊」の餌食になりや
すいようですね。ビールがおいしくなる時期なのですが、少し控えて健康的
に過ごすことを決意したエピソードでした。





□■新規登録・配信先変更・停止依頼━━━━━━━━━━━━━━━━━━


新規登録・情報変更・配信解除は、下記より手続きください。

 □「eね!サポート」ホームページ
 http://www.rikuden.co.jp/cleaneco/A_mlmg.html



□■お問合せ先━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 □発行元:北陸電力株式会社 営業推進部 商工コンサルチーム
 syou-ene@rikuden.co.jp

 □北陸電力に関するご意見・各種お問合せ
 http://www.rikuden.co.jp/info/inquiry.html


※記事中の会社名、製品名は、弊社および各社の登録商標、または商標です
※記事中の情報は、予告なく変更される場合があります
※本サービスは情報が完全、正確であることを保証するものではありません


Copyright 2015 Hokuriku Electric Power Company. All rights reserved.


←BACKINDEX NEXT→


ご利用上の注意

著作権や免責事項、準拠法および合意管轄については、メールマガジンの利用規約に準じます。

ページの先頭へ


よくあるご質問

Copyright(C) Hokuriku Electric Power Company. All Rights Reserved.