北陸電力

サイト内検索

原子力情報 > 志賀原子力発電所における安全対策について > 発電所を守る取組み


発電所を守る取組み

万一に備えて安全対策を確実に実施できるよう継続的に訓練を実施しています。

地震・津波をはじめ想定を超える事態などに対して、設備面(ハード面)での強化はもちろん、それを扱うのは人であるという考えのもと、繰り返し訓練(ソフト面)を行うことで、発電所従業員等の対応能力の維持・向上を図り、継続的に安全性向上に努めます。

[各種訓練の実績]

  平成23年度 平成24年度 平成25年度 平成26年度 平成27年度 平成28年度 合 計
実施回数 259回 487回 488回 467回 398回 381回 2,480回

「チーム志賀」のもと自覚と責任を持って、
世界最高水準の安全性を目指す

 私たちは、福島第一原子力発電所の事故を二度と起こさない強い決意のもと、安全最優先で志賀原子力発電所の安全対策に取り組んでいます。

 現在は、地下式軽油タンク設置や代替所内電源設備等の安全対策工事を着実に進めています。

 また、2016年9月には原子炉建屋内への雨水流入事象が発生し、皆さまには大変なご迷惑とご心配をお掛けしたことを、心からお詫び申し上げます。しっかりと再発防止対策に取り組んでいきます。

 今後も一層の自覚と責任を持ち、地域の皆さまから「信頼」され、「安心」いただけるよう、発電所で働く北陸電力およ び協力会社の所員が「チーム志賀」のもと一体となり、世界最高水準の安全性を目指し、安全対策を進めていきます。

志賀原子力発電所長 古谷 俊直

close

よくあるご質問

Copyright(C) Hokuriku Electric Power Company. All Rights Reserved.