関連リンク

「令和6年能登半島地震」停電復旧への対応

このたびの地震に伴う停電により、多くの皆さまにご不便とご心配をおかけしておりますことを心よりお詫び申しあげます。
北陸電力、北陸電力送配電の2社で災害対策本部を設置し、停電の早期解消に向け、全力を尽くしております。
 
当社グループは、引き続き、協力会社、自治体・自衛隊などの関係機関と協力・連携しながら、復旧に努めてまいります。

停電・復旧状況(2024年2月22日12時現在)

停電戸数

内容
戸数    
現在の停電数
約800
地震直後の最大停電数
約40,000

復旧困難箇所を含む


復旧の見通し(2024年1月30日現在)

土砂崩れ等による立入困難箇所、地震・津波・火災により建物に甚大な被害を受ける等、早期の復旧が見通せない一部の地域を除き、概ね復旧し、輪島市、珠洲市においても約9割に電気をお届けできています。 現在、停電しているエリアについても、引き続き自治体や関係箇所と連携しつつ、道路等のアクセス改善に応じて着実に復旧を進めてまいります。

復旧の長期化が予想されるエリア

復旧見通しマップ

地図に示しました1(輪島市北西部)・2(輪島市北東沿岸部)・3(珠洲市北西部)の3つのエリアは、停電復旧に2ヶ月超を要する可能性が高い地点が含まれる地域で、 4(輪島市街地沿岸部)・5(珠洲市北部)・6(輪島市南部)の3つのエリアは、停電復旧に数週間から2ヶ月程度を要する可能性が高い地点が含まれる地域です。 1~6のエリア以外でも、津波被害や地区内の道路損壊、局所的な設備損壊等により復旧に長期間かかる場合があります。

なお、停電地域においても、避難所など重要な施設について、電源車により送電を行っております。


被害状況(2024年2月22日12時現在)

設備被害数

内容
被害数
電柱の傾斜
約2,270本
電柱の折損
約740本
電線の断線・混線
約1,650箇所

被害状況の事例(電柱の傾斜・折損・混線)

設備被害

停電復旧の取組み

発災以降、当社グループ、協力会社、他電力会社や全国の電気工事会社の1,000人規模の体制で復旧に取り組み、石川県全体では99%以上の送電率に達し、甚大な被害が生じた輪島市・珠洲市におい ても約9割の送電率となり、全体として概ね停電が復旧した状況です。
今後は、復旧の長期化が見込まれる、輪島市や珠洲市それぞれの沿岸部などについ て、現場へのアクセス改善に応じて順次、復旧作業を進めてまります。


電柱の建替え、電線の張替えなど外線工事

地震により、傾斜や倒壊した電柱、電線の混線などの復旧工事を行っています。

避難所などへの応急送電

医療機関、福祉施設、各地域の避難所など、重要施設を優先して復旧を進め、停電が継続している地域では、電源となる「発電機車」を配備し送電いたしました。


スローガン