北陸電力

サイト内検索

企業情報・IR > その他のサービス等 > 託送供給サービスのご案内 > スイッチングについて


スイッチングとは

平成284月から始まる小売の全面自由化により、電気の供給者を自由に選択できるようになります。自らに対して小売供給を行う小売電気事業者を他の小売電気事業者に切り替えることを「スイッチング」と呼びます。 

スイッチングには、電気の供給に関わる以下の契約のお手続きが必要です。
○供給契約
 小売電気事業者が需要者へ電気お届けする契約で、電気をご使用の需要者と小売電気事業者との間で締結します。
○託送契約
 一般送配電事業者が維持および運用する供給設備を介して、小売電気事業者が供給契約を締結した需要者へ電気をお届けする契約で、一般送配電事業者と小売電気事業者 との間で締結します。

スイッチングフロー図

スイッチングに関する具体的なお手続き

スイッチングの手続きにあたり、小売電気事業者は、需要者から供給(受電)地点特定番号を聴取していただく必要があります。その後、スイッチング支援システムを介して、スイッチングに必要な手続きを小売電気事業者と一般送配電事業者との間で行います。(スイッチング支援システムにより供給地点特定番号を検索することもできます。)
○供給(受電)地点特定番号とは
 「供給(受電)地点特定番号」とは、需要者の供給または受電地点を特定するために、各地域の電力会社(一般送配電事業者)が供給または受電地点のご契約ごとに発行する 全国共通の識別番号(22桁)です。
○供給(受電)地点特定番号のお知らせについて
 供給(受電)地点特定番号は、検針票等に記載されておりますのでご確認ください。現在の小売電気事業者が北陸電力の場合は、「電気ご使用のお知らせ(検針票)」に記載さ れております(検針票の見方はこちらを参照ください)。
○スイッチング支援システムとは
 スイッチング支援システムは、電力広域的運営推進機関によって開発・運用されるもので、スイッチングに必要な手続きを小売電気事業者と一般送配電事業者との間で行うため のシステムです。
 スイッチング支援システムの主な機能と申込みが可能な対象範囲は下記のとおりです。

スイッチング支援システム説明会資料

出典:電力広域的運営推進機関「スイッチング支援システム小売事業者向け説明会資料」

スイッチング支援システムの詳細については、電力広域的運営推進機関のホームページにてご確認ください。
(電力広域的運営推進機関のホームページはこちらを参照ください)

スイッチング日に関するお願い 

スイッチングされる需要家の計量器は、事前にスマートメーターへ取替させていただきます。小売全面自由化の円滑な実施のため、スイッチング日は、原則、スイッチングに要する標準的な期間以降の定例検針日を指定いただくようお願いいたします。
ただし、需要者が希望する場合には定例検針日以外も指定可能です。
(定例検針日についてはこちらを参照ください)

○スイッチングに要する標準期間について(低圧需要者の場合)
 スイッチングに要する標準的な期間については、スマートメーターへの計器取替や一般送配電事業者の手続きに関する期間を考慮して以下のとおりと定められております。


計器取替工事要否標準処理期間スイッチング可能期間
スマートメーターへの取替が必要マッチング日+8営業日+2暦日原則、標準処理期間満了日以降の次回または次々回検針日を選択してください。
スマートメーター設置済みマッチング日+1営業日+2暦日標準処理期間満了日以降の日を選択してください。

○マッチング日とは
 
新小売電気事業者からの「スイッチング開始申込」と現(旧)小売電気事業者からの「スイッチング廃止申込」を一般送配電事業者が突合せする処理
 を「マッチング」といい、マッチングができた日を「マッチング日」といいます。

使用量照会用パスワード発行のお申し込み

スイッチングを検討するにあたり、小売電気事業者の窓口等で、過去の電力使用量にもとづく料金試算等のサービスを受けるためのパスワード発行申請は、こちらからお申し込みください。 パスワード発行申請は、こちらから。

スイッチングに関するお問合せ先

北陸電力株式会社 ネットワークサービスセンター
  
電 話:0570−080−877
  
FAX :076−405−0132

ページの先頭へ


よくあるご質問

Copyright(C) Hokuriku Electric Power Company. All Rights Reserved.