北陸電力

サイト内検索

企業情報・IR > その他のサービス等 > 託送供給サービスのご案内 > 供給開始までの流れ(発電量調整供給開始まで)


発電量調整供給開始までの基本的な流れ

発電量調整供給開始までの基本的な流れ

1.事前相談(任意)
当社は、発電設備の電力系統への接続にあたり、送配電設備の熱容量による連系制限の有無や連系点までの直線距離等に関する事前相談を申し受けます。回答については、原則、申込み受付から1か月以内となります。


2.受電側接続検討の申込みおよび検討料の入金
当社は、発電契約者から、発電設備の場所、仕様、受電電力等を明らかにしていただき、発電設備を送配電設備に接続するための検討(以下「受電側接続検討」といいます。)について、当社所定の様式により申し受けます。 また、検討料として、1受電地点1検討につき21万6千円を接続検討申込み時に合わせて申し受けます。検討は、検討料の入金確認後の着手となります。

  [接続検討の概要] 当社電力系統への発電設備の接続にあたり、系統連系技術要件に対する適否および必要となる供給設備等※について検討します。検討期間は、原則、3か月以内となっています。

(※)
・供給設備(系統保護装置、系統安定化対策装置含む)
・計量器および付属装置(通信機能付き計量器の設置)
・通信設備(給電情報および検針データの伝送装置、伝送路)


3.受電側接続検討結果の回答
当社は、接続検討完了後、すみやかにその結果について発電契約者へ原則、3か月以内(発電機容量が500kW未満の場合は2か月以内)にお知らせいたします。ただし、特別な事情等により3か月を超える場合には予め、その旨をお知らせいたします。
・系統連系技術要件の適否
・供給設備等の施設または変更に必要となる工事内容と工事期間および工事費負担金等


4.発電量調整供給の申込み(契約申込み)
・当社は、接続検討結果を承認のうえ、発電契約者から電気を受電する発電場所における受電設備等の契約に必要な事項を明らかにし、当社所定の様式により発電量調整供給契約の申込みをしていただきます。

・また、発電量調整供給の実施に必要な発電者の情報を当社が発電契約者に対し提供することに関する発電者の承諾書をあわせて提出していただきます。ただし、発電契約者と発電者との間で締結する電力受給に関する契約等において、発電者がこの約款に関する事項を遵守することおよび発電量調整供給の実施に必要な発電者の情報を、当社が発電契約者に対し提供することを承諾していることが明らかな場合で、当社が当該承諾書の提出を不要と判断するときは、当該承諾書の提出を省略することができます。

5.供給承諾
当社は、契約電力や供給開始日などの事項について、発電契約者等と協議が整い次第、供給承諾をいたします。


6.工事費負担金契約書の締結[工事費負担金が発生する場合]
当社は、供給設備等の工事に伴い工事費負担金を申し受ける必要がある場合には、工事費負担金を算定した後、発電契約者等と工事費負担金契約を締結いたします。

7.工事費負担金等請求・支払[工事費負担金が発生する場合]
当社は、上記6の契約締結以降、すみやかに発電契約者等から工事費負担金を申し受けます。


8.供給工事実施
当社は、供給承諾後または工事費負担金が発生する場合はその入金後、発電量調整供給開始までに供給工事を実施いたします。


9.発電量調整供給兼基本契約書の締結
 当社は、発電契約者等と発電量調整供給開始までに発電量調整供給契約書を締結いたします。


10.給電申合書等の締結
当社は、系統運用に必要となる事項について、発電契約者、発電者と給電申合書等を締結いたします。

ページの先頭へ


よくあるご質問

Copyright(C) Hokuriku Electric Power Company. All Rights Reserved.