北陸電力

サイト内検索

企業情報・IR > その他のサービス等 > 託送供給サービスのご案内 > 需要抑制量調整供給の概要


需要抑制量調整供給の概要

需要抑制量調整供給とは

 当社が需要抑制契約者から、電気事業法第2条第1項第7号ロに定める特定卸供給の用に供するための電気を受電し、当社が維持および
運用する供給設備を介して、同時に、その受電した場所において、需要抑制契約者に、需要抑制契約者があらかじめ当社に申し出た量の電気
を供給することをいいます。

ネガワットの流れ

ネガワット取引とは

 ネガワット取引とは、需要者の需要を抑制(節電)することで得られる電力量(需要抑制量)を発電した電力量と同等の価値がある供給力と
みなして取引することをいいます。

ネガワット取引の概要図

                                     ネガワット取引の概要図

需要抑制量調整供給契約に必要となる要件

 ネガワット事業者がネガワット取引を行う場合、次の4要件を満たしていただきます。
 1.需要家に対して需要抑制に関する計画を策定し、指令を適時適切に出せること。
 2.電力の安定かつ適正な供給のため適切な需給管理体制や情報管理体制を保有すること。
 3.需要家保護の観点から適切な情報管理体制を保有すること。
 4.需要抑制の対象となる需要家に通常電力を供給する小売電気事業者がネガワットの供給により不利益を被ることが
   ないよう、当該需要抑制分に相当する売上けを補填するなど、小売電気事業に対して必要な措置を講ずることができること。

需要抑制量調整供給契約の単位および契約期間

  ・当社は、あらかじめ定めた需要場所(需要場所が複数ある場合は、同一の一般送配電事業者の供給設備に接続するものといたします。)
  および需要抑制バランシンググループについて、1需要抑制量調整供給契約を結びます。なお、低圧で電気の供給を受ける需要場所および
  当社が指定する系統安定上必要な調整機能を有する負荷設備であって別途当社と
  調整に関する契約を締結する設備に該当する需要場所は、1需要抑制バランシンググループに属するものといたします。

 ・また、契約期間は、契約が成立した日から、契約者の申込内容に基づき、需要抑制契約者と当社との協議により定めた日までといたします。ただし、
  特別の事情がない限り、供給開始日から起算して1年未満とならないものといたします。

需要抑制量調整供給に係る料金

 〔需要抑制量調整受電計画差対応補給電力料金および需要抑制量調整受電計画差対応余剰電力料金:30分毎の需要抑制量調整受電電力量
と、需要抑制量調整受電計画電力量に差分(インバランス)が生じた場合の料金〕
 ・30分毎の需要抑制量調整受電電力量と需要抑制量調整受電計画電力量との過不足(補給または余剰)に応じ、下記の算定式により得ら
  れる金額のその1月の合計とします。
  なお、需要抑制量調整受電計画差対応補給電力料金および需要抑制量調整受電計画差対応余剰電力料金は、それぞれに算定いたします。

需要抑制量調整受電計画差対応余剰電力料金 =× 需要抑制量調整受電計画差対応余剰電力料金単価※1
 
需要抑制量調整受電計画差対応補給電力料金 =B × 需要抑制量調整受電計画差対応補給電力料金単価※1

需要抑制量調整供給に係る料金

(※1)託送供給等約款料金算定省令第26条に基づきインバランス料金※2として算定される金額に消費税等相当額を加えた金額
(※2)同時同量を達成できない場合に発生する差分(インバランス)に対する料金で、その単価は、日本卸電力取引所の市場価格に連動し、
    30分毎で以下の算定式によります。 

インバランス料金単価 =スポット市場価格と1時間前市場価格の30分毎の加重平均値×α+β

α:全国大の系統全体におけるインバランスの発生状況に応じた調整項   (全国大で附則の場合:α>1、全国大で余剰の場合:0<α<1)
β:地域ごとの市場価格差を反映する調整項


その詳細については、託送供給等約款によります。

ページの先頭へ


よくあるご質問

Copyright(C) Hokuriku Electric Power Company. All Rights Reserved.