北陸電力

サイト内検索

企業情報・IR > 技術開発 > 技術開発製品のご紹介 > 既設航空障害灯の保護装置及びその設置方法


技術開発

既設航空障害灯の保護装置及びその設置方法

既設航空障害灯の保護装置1.概要
  鉄塔や煙突などの高所に設置された航空障害灯(OM−3A,OM−3B,OM−3C)の雷被害を防止する製品です。
  既設の航空障害灯取付穴を使用し設置するため、高所での取付けが容易に行え、近接に設置出来ることから雷対策の保護効果をあげることが可能です。

2.用途
  航空障害灯の雷対策

3.メリット
 ・既設の航空障害灯専用架台に無加工で取付可能な専用マウントを採用しています。
 ・既設電源線(コルゲートケーブル等)の延長なく接続が可能です。
 ・内部SPD劣化時も回路から安全に切り離すことが可能です。
 ・内部SPD劣化時もネジ部品の外しが必要なく、安全、簡単にSPDの交換が可能です。

4.販売元
   富山電気ビルディング株式会社


<参考>
  特許第 5968094 号

ページの先頭へ


よくあるご質問

Copyright(C) Hokuriku Electric Power Company. All Rights Reserved.