北陸電力

サイト内検索

原子力情報 > 原子力発電・放射線の概要 > ウラン燃料のリサイクル(プルサーマル) > ウラン燃料のリサイクルの必要性


原子力発電・放射線の概要

もっと詳しく原子力

ウラン燃料のリサイクルの必要性

エネルギー資源の有効利用と安定供給

資源の乏しい日本にとって、
資源の有効利用やエネルギーの安定供給が重要です。

 世界のエネルギー消費は、アジアを中心とした人口の急増と経済成長によって、今後大幅に増加すると考えられています。
 石油や石炭などのエネルギー資源には限りがあります。エネルギー資源に乏しく、約94%を輸入に頼っている日本にとって、資源の有効利用やエネルギーの安定的な確保が重要です。
 「ウラン燃料のリサイクル」は、使い終わったウラン燃料から回収したプルトニウムとウランを利用することで、ウラン資源を有効利用することができ、エネルギーの安定供給にも貢献します。



プルトニウムの平和利用につながります。

 プルトニウムは核兵器の材料になる物資であることから、日本は利用目的のない余剰プルトニウムを持たないことを国際的に公約しています。
 「ウラン燃料のリサイクル」によるプルトニウムの平和利用は、世界への約束を守ることにもなります。





国のエネルギー基本計画には、核燃料サイクルを引き続き推進することが明記されています。


位置付け・核燃料サイクルは、高レベル放射性廃棄物の減容化、有害度低減や、資源の有効利用に質する
・引き続き、再処理やプルサーマルの取り組みを推進
取組内容・プルサーマルの推進
・六ヶ所再処理工場の竣工 等
プルトニウム
バランス
・平和利用、核不拡散に向け、「利用目的のないプルトニウムは持たない」原則を堅持するため、プルサーマル推進等によりプルトニウムの適切な管理と利用を実施

※エネルギー基本計画(2014年4月、閣議決定より)

ページの先頭へ


よくあるご質問

Copyright(C) Hokuriku Electric Power Company. All Rights Reserved.