接続可能量と出力制御見通しについて

太陽光・風力発電の接続可能量(30日等出力制御枠)

 第9回系統ワーキンググループ(平成28年11月25日開催)での検証結果に基づき、北陸エリアの太陽光・風力発電の接続可能量(30日等出力制御枠)が決定されました。(平成28年11月25日お知らせ済み)

北陸エリアの接続可能量(30日等出力制御枠)

太陽光発電
110万kW
風力発電
59万kW


最新の申込み状況は再生可能エネルギーの申込み状況のページをご参照ください。

太陽光・風力発電の出力制御見通し

 北陸エリアの太陽光発電の接続申込量(接続済みを含む)が接続可能量(30日等出力制御枠)110万kWに到達したことから、平成29年1月24日以降に太陽光発電の接続契約申込みをいただく事業者さまについては、指定電気事業者制度により、出力制御に対する補償がない接続契約となります。
 また、風力発電の接続申込量(接続済みを含む)が今後、接続可能量(30日等出力制御枠)59万kWを超過する可能性があることから、当社は平成29年9月19日に風力発電設備の指定電気事業者に指定されました。接続申込量(接続済みを含む)が59万kWを超えた後に、風力発電の接続契約申込みを希望される事業者さまについては、無制限・無補償での出力制御に同意いただくことが前提となります。
 国の新エネルギー小委員会 系統ワーキンググループで示された考え方に基づき算定した、太陽光発電設備および風力発電設備の出力制御見通しは以下のとおりとなります。

太陽光発電の出力制御見通し

指定ルール太陽光
追加導入量
出力制御時間 (時間)出力制御量
A (百万kWh)
発電電力量
B (百万kWh)
出力制御率
[A/B] (%)
+20万kW (合計130万kW)
27325
225
11
+40万kW (合計150万kW)
30758
450
13
+60万kW (合計170万kW)
358103
676
15

風力発電の出力制御見通し

指定ルール風力
追加導入量
出力制御時間 (時間)出力制御量
A (百万kWh)
発電電力量
B (百万kWh)
出力制御率
[A/B] (%)
+30万kW (合計89万kW)
53929
501
5.8
+60万kW (合計119万kW)
64372
1001
7.2
+90万kW (合計149万kW)
853146
1502
9.7


 なお、出力制御見通しは一定の前提条件に基づいたシミュレーション結果であり、当社が実際の制御日数等を保証するものではありません。また、実際の運用では各ルール事業者の公平な出力制御の実現に向けて取り組むものの、再エネや需要の変動・出水の増減等、不確実性を常に伴っているため、結果として完全に公平な出力制御を行うことは困難である旨、ご理解くださいますようお願い申し上げます。

※指定電気事業者・・・「電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法」に基づき、接続可能量(30日等出力制御枠)を超える再生可能エネルギー設備の系統への接続が見込まれる一般送配電事業者に対して経済産業大臣が指定するもの。当社は平成26年12月22日に太陽光発電設備について、平成29年9月19日に風力発電設備について指定されました。

ページの先頭へ