北陸電力

サイト内検索

エネルギー・環境 > 環境への取組み方針 > 環境会計


環境への取組み方針

環境会計

 環境保全にかかるコストとその効果を定量的に把握・評価しています。

環境保全コストの集計結果

環境省の「環境会計ガイドライン(2005年版)」を参考に算定した結果は以下の通りです。

  集計範囲:北陸電力
  対象期間:2017年4月1日〜2018年3月31日 
 

    ※環境会計 : 企業などが事業活動で環境保全に投じたコストと、その活動によって得られた効果を、
      できる限り定量的に算定、把握する会計手法のこと。

  2017年度は、公害防止や地球環境保全への投資も増加したことから、全体としても2016年度より環境保全コストが増加しました。


■環境保全コスト(単位:億円)

分 類主な取組み投 資費 用
2017年度2016年度2017年度2016年度
公害防止大気汚染防止
水質汚濁防止
騒音・振動防止
22.26.371.462.7
地球環境保全地球温暖化防止
省エネルギー対策
46.032.214.39.4
資源循環産業廃棄物の処理・処分、リサイクル等
一般廃棄物の処理・処分、リサイクル等
低レベル放射性廃棄物の処理
5.31.990.086.9
管理活動環境マネジメントシステム整備、運用
環境情報の開示および環境広告
環境負荷の監視、環境教育
16.118.3
研究開発環境負荷低減等のための研究開発0.10.1
社会活動自然保護、緑化、景観保持等の環境改善策
(配電線等無電柱化工事等)
地球環境活動に対する支援、情報提供
7.211.92.82.8
環境損傷環境保全に関わる損害賠償等3.02.2
合計80.752.3197.7182.4

*原子力発電、水力発電は、CO2排出抑制に大きく寄与しますが、経済性、エネルギーセキュリティ等の観点からも重要な電源であり、環境保全に関する追加コストを合理的に算定できないことから、対象外としました。
*費用には、減価償却費および固定価格買取制度を含みません。



■環境保全効果

項  目2017年度2016年度
SOx原単位(*1)0.31g/kWh0.29g/kWh
排出量7,032t6,865t
NOx原単位(*1)0.27g/kWh0.26g/kWh
排出量6,159t6,115t
CO2原単位(*2)
(上段:基礎CO₂排出係数)
(下段:調整後CO₂排出係数)
0.593kg-CO2/kWh0.640kg-CO2/kWh
0.574kg-CO2/kWh0.624kg-CO2/kWh
排出量1,700万t1,800万t
SF6ガス回収率99%99%
産業廃棄物等リサイクル率94.8%93.9%
有効利用量86.9万t92.1万t
放射性固体廃棄物
(200ℓドラム缶換算)
発生量984本相当1,844本相当
配電線無電柱化
整備延長距離
単年度3.2km4.0km
累計202km199km

*1 : 火力発電所の発電電力量あたり
*2 : 販売電力量あたり



■経済効果

分  類効 果 額
2017年度2016年度
リサイクルに伴う有価物等の売却4.7億円4.7億円
火力発電熱効率向上および
送配電損失低減に伴う燃料費の節減額(*)
42.8億円38.6億円

*1990年度をベースラインとして算出



●総コストに占める環境保全コストの割合の年度別推移

総コストに占める環境保全コストの割合の年度別推移

     ※2012年度以降は固定価格買取制度の買取費用を除く

ページの先頭へ


よくあるご質問

Copyright(C) Hokuriku Electric Power Company. All Rights Reserved.