北陸の雷の特徴

北陸では冬も発雷しますので、十分な対策が必要です。

冬の雷の特徴

  • エネルギーの大きな雷が多い(夏の雷の100~数百倍)。
  • 落雷数は少ないが、一日中発雷する(雪やあられの前触れが多い)。
  • 日本海沿岸に多く、海岸線から35km以上の内陸部では少ない。

全国の雷雨日数

全国の雷雨日数

赤で示した地域は、30日以上

(1954年~1963年の平均値)気象庁,電力中央研究所「雷雨10年報」より抜粋

雷雲の形状

雷雲の形状

冬の雷雲は季節風により横倒しとなる

各地の月別雷日数

北陸は冬の雷日数が多い。
(1981~2010年の30年平均値,「理科年表 平成24年」より)

富山
金沢
福井
宇都宮
熊本

北陸の時刻別発雷件数

夏の雷は午後から夕方にかけて発生することが多く、冬の雷は発生する時間に偏りがない。
(※ グラフは,1993年11月~1996年10月の3ヵ年累計件数)

夏期(4月~10月)の雷

夏期の雷件数

冬期(11月~3月)の雷

冬期の雷件数

夏季雷と冬季雷の撮影例

夏季雷(下向き雷)の例

夏季雷の例

冬季雷(上向き雷、多地点同時落雷)の例

冬季雷の例