北陸電力

サイト内検索

エネルギー・環境 > 低炭素社会の実現に向けて > 輸送に伴う環境負荷の低減 > 廃乾電池運搬のモーダルシフト


低炭素社会の実現に向けて

廃乾電池運搬のモーダルシフト

 北陸電力から排出される廃乾電池(年間約4t)をリサイクルするために、群馬県のリサイクル会社への運搬を、2005年度までは全行程をトラックで行っていましたが、2006年度からはJRコンテナを利用して運搬することとしました。
 JRコンテナを利用することにより、廃乾電池運搬に伴うCO2の排出量は従来の1/6以下となりました。

イメージ

ページの先頭へ


よくあるご質問

Copyright(C) Hokuriku Electric Power Company. All Rights Reserved.