北陸電力

サイト内検索

エネルギー・環境 > 電磁界 > 電磁界 > 生物学的研究とは


電磁界

生物学的研究とは

 生物学的な影響を検討する研究で、ラットなどの動物を用いた、がん、生殖、神経系等への影響に関する研究と細胞を用いたがんへの影響に関する研究等があります。
 今のところ、電磁界と健康影響の因果関係を示す再現性のある証拠は得られていません。


生物学的研究の例

「電力中央研究所の研究」

(電界に関する研究)
 1984年から、米国エネルギー省と共同でヒヒを用いた学習行動や社会行動への電界の影響研究を行い、電界の及ぼす影響は認められませんでした。

(磁界に関する研究)
 1993年から、通産省(現 経済産業省)資源エネルギー庁からの受託研究として、生殖への影響実験を行い、妊娠ラットの健康状態、胎児の発育・奇形に及ぼす影響は認められませんでした。また、電力中央研究所内の研究として、細胞の情報伝達機構の一つである細胞内カルシウムの濃度に及ぼす影響研究やハムスターを用いた生殖および胎児に及ぼす影響研究を行い、いずれも磁界の影響は認められませんでした。

ページの先頭へ


よくあるご質問

Copyright(C) Hokuriku Electric Power Company. All Rights Reserved.