北陸電力

サイト内検索

エネルギー・環境 > 電磁界 > 電磁界 > IARC発ガン性評価とは


電磁界

IARC発ガン性評価とは

 IARCの発がん性評価は、その物質の発がん性の可能性について分類したものであり、発がん性の強さを評価したものではありません。ここでの評価プロセスは、まず、人に対する証拠と動物に対する証拠を別々に評価し、その結果をもとに発がん性分類への総合評価を行います。
 モノグラフ(専門書)の中では、冒頭で読者に対し下記のように述べています。


IARCによる発がん性分類 
グループ具体例
1ひとに対して発がん性がある
Carcinogenic to humans
コールタール、カドミウム、アスベスト、ダイオキシン、ホルムアルデヒド、たばこ、アルコール飲料、エックス線、ガンマ線、紫外線、ディーゼルエンジン排ガス、PCB、PM2.5 など
2Aひとに対しておそらく発がん性がある
Probably carcinogenic to humans
鉛化合物(無機)、クレオソート、アクリルアミド、マラリア など
2Bひとに対して発がん性があるかもしれない
Possibly carcinogenic to humans
コーヒー、ワラビ、漬物、ガソリンエンジン排ガス、超低周波磁界、無線周波電磁界 など
3ひとに対する発がん性について分類できない
Cannot be classified as to carcinogenicity in humans
カフェイン、水銀(無機)、お茶、静磁界、静電界、超低周波電界 など
4ひとに対しておそらく発がん性がない
Probably not carcinogenic to humans
ナイロンの原料(カプロラクタム)

ページの先頭へ


よくあるご質問

Copyright(C) Hokuriku Electric Power Company. All Rights Reserved.