北陸電力

サイト内検索

エネルギー・環境 > 低炭素社会の実現に向けて > 低炭素社会の実現に向けた取組み


低炭素社会の実現に向けて


低炭素社会の実現に向けた取組み

地球温暖化対策の基本的な考え方

 安全確保(S)を大前提とした、エネルギー安定供給、経済性、環境保全(3つのE)の同時達成を目指す「S+3E」の観点から、最適なエネルギーミックスを追求することを基本として、電気の需給両面での取組み等を推進し、低炭素社会実現に向けて努力しています。

電気事業低炭素社会協議会への参画

 当社を含む電気事業連合会関係会社および新電力有志は、2015年7月に公表した「電気事業における低炭素社会実行計画」で掲げた目標の達成に向けた取組みを着実に推進するため、2016年2月、「電気事業低炭素社会協議会」(以下「協議会」)を設立しました。
 協議会では、目標達成に向けた取組みが実効性あるものとなるよう、会員事業者がそれぞれの事業形態に応じて策定・実施する取組みを促進・支援し、加えて、会員事業者の取組み状況を適切に確実・評価し、本協議会全体でPDCAサイクルを推進することにより、目標の達成に向けた取組みの実効性を高めていくこととしています。

ページの先頭へ


よくあるご質問

Copyright(C) Hokuriku Electric Power Company. All Rights Reserved.